メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

手順 24を翻訳中

手順24
The iPhone X earns a 6 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):
Final Thoughts
  • The iPhone X earns a 6 out of 10 on our repairability scale (10 is the easiest to repair):

  • Display and battery repairs remain a priority in the iPhone's design.

  • A cracked display can be replaced without removing the biometric Face ID hardware.

  • Liberal use of screws is preferable to glue—but you'll have to bring your Apple-specific drivers (Pentalobe and tri-point) in addition to a standard Phillips.

  • Waterproofing measures complicate some repairs, but make difficult water damage repairs less likely.

  • Fussy cables tie unrelated components together into complex assemblies—expensive and troublesome to replace.

  • Glass on front and back doubles the likelihood of drop damage—and if the back glass breaks, you'll be removing every component and replacing the entire chassis.

iPhone Xのリペアビリティのスコアは10点中6点です。(最も修理しやすい指標が10点です)

ディスプレイとバッテリーの修理はiPhoneの中で最も優先順位が高いパーツです。

ヒビが入ってしまったディスプレイは生体認証機能のFace ID ハードウェアを交換せずに修理ができます。

圧着剤の使用よりも取り外しが簡単なネジの使用が望ましいのですがー修理には標準型プラスドライバーに加えて、Apple 独自のネジ専用ドライバー(ペンタローブとトライポイント)が必要です。

耐水性機能によってある修理は作業が複雑になります。しかし水没によるダメージからの回復作業を考えるとより簡単ですが、この修理はあまり起こらないでしょう。

ケーブルが複雑なアセンブリの中に分け目なく繋がっています。ーこれを交換するには経費が重なり、交換作業は困難です。

落下したとき、全体がガラスに覆われた正面と背面ではダメージが入ってしまう可能性が高まります。そしてもし背面ガラスが割れてしまった場合、全てのコンポーネントを取り外して、筐体全体を交換しなければなりません。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります