メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

Apple Watch Series 3の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    手首で輝く新Apple Watch。一体中身は何が入っているのでしょうか?

    手順2

    内部に侵入する前にX線眼鏡をかけて覗いてみましょう。

    手順3

    さて、私たちが手にしているのは本当にApple WatchのSeries 3なのか裏側をざっと確認してみましょう。

    手順4

    いよいよ、このWatchを分解する順番が巡ってきました。外見は変わっていないので、通常の開口方法で対応できることを願っています。

    手順5

    ケーブルのZIF接続を外すと、ディスプレイをはっきりと確認できます。

    手順6

    前モデルと同じように、小さなトライポイントネジによってこの先のアクセスは阻まれています。64種類の起こりえる可能性に対して私たちは備えています。

    手順7

    iPhoneのバッテリ容量は減少し続けるのに対して、Apple Watchのバッテリーは僅かですが増量しました。

    手順8

    これまでのところ作業は順調です。Series 2でも搭載のAnalog Devices AD7149静電容量センサ・コントローラーが付いている標準型Force Touchセンサー/ガスケットを取り出します。

    手順9

    液体がデバイス内部に侵入した際、音の振動を使って液体を排出するデザインのスピーカーを取り出します。

    手順10

    このシリコンを付けたままサーフィンが出来ると知っていましたか?さあこのラインアップの中に何があるのか見てみましょう。

    手順11

    ラストコール:裏蓋。テフロン製のようなO-リングの上にプレスフィットされています。親指を差し込んでしっかりと押し上げれば取り出せます。

    手順12

    ゼンマイ仕掛けならぬWatch仕掛けでした!

    手順13 — 分解を終えて

    Apple Watch Series 3のリペアビリティのスコアは10点中6点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります