メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 5を翻訳中

手順5
In line with other recent Samsung phones, the battery squats in a little pit of glue-lined sadness, but we quickly set to work digging it free. A little heat can help soften the glue here,  but heat and lithium-ion batteries form a combustible mix—so we opt for a different solution. This Samsung SDI-made battery plonks down 12.71 Wh (3300 mAh at 3.85 V) of capacity.
  • In line with other recent Samsung phones, the battery squats in a little pit of glue-lined sadness, but we quickly set to work digging it free.

  • A little heat can help soften the glue here, but heat and lithium-ion batteries form a combustible mix—so we opt for a different solution.

  • This Samsung SDI-made battery plonks down 12.71 Wh (3300 mAh at 3.85 V) of capacity.

  • That's 6% less than the Note7's 13.48 Wh—but keep in mind that battery burned in more ways than one. The safely revamped battery in the Fan Edition clocked in at only 12.32 Wh, so this actually represents an improvement (assuming of course no fire).

ここ最近のSamsungスマートフォンのラインアップを見てみると、バッテリーは圧着剤で頑丈に固められており、悲しいばかりです。しかし、すぐにバッテリーを解放するべく作業を開始しました。

わずかな熱を当てるだけで圧着剤は柔らかくなりますが、熱とリチウムイオンのバッテリーを掛け合わすと引火要因となります。そのため、他の解決方法を選択しました。

このSamsung SDI製造のバッテリーの容量は12.71 Wh ( 3.85 Vで3300 mAh) に下がりました。

Note7の容量13.48 Whと比べると6%の減少ですがバッテリーは複数の要因で引火することを念頭に置いてください。Fan Editionで安全性を考慮した改良バッテリーはわずか12.32 Whでした。ということは今回のバッテリーは(引火しないという想定も含めて)改善されたものです。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります