メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Essential Phoneの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    さて、Essential Phoneのエッセンシャル部分です。

    手順2

    ベゼルなしのスクリーンを追求する中で、Essentialはインビジブルに近いイヤホンスピーカー用の差し込み口と正面カメラ用スペースを作り出しました。

    手順3

    Essentialはヘッドホンジャックを不要なものとしてリストから削除しました。代わりに USB-C コネクターが付いています。これはリスキーな選択でした。

    手順4

    さて、中身を確認する時間が過ぎています。しかし、内部に入ることができません。目で確認できるネジがないので、おそらくこのデバイスは接着剤で組み立てられているのではないかと想定します。ーしかしながら、どれだけ接着剤を熱で温めてもこのスマートフォンのディスプレイ上に留められた接着剤はびくともしません。

    手順5

    凍結させたまま、侵入作戦の失敗を引きずらないよう心を入れ替えて、凍ったLCDパネルを剥がしていきましょう。

    手順6

    デバイス外部から侵入するという予想外の困難な作業を終えて、ミッドフレームのシールドを持ち上げると、ついに幾つかの内部コンポーネントを発見できました。

    手順7

    SIMスロットの中にある小さなタグは同じ側から簡単に取り出せます。これはデバイスの組み立て時に、定位置に入れ込むように設計されたようです。

    手順8

    QualcommはSnapdragon 835向けのハードウェア開発キットを発売しました。このキットからも幾つかのチップが予想できます。搭載されているチップは以下の通りです。

    手順9

    裏側のチップ情報です。

    手順10

    そして残りのチップ情報です。

    手順11

    マザーボードを氷漬けにしたまま、ついにデュアルカメラのモジュールをピンセットで取り出すことができました。

    手順12

    バイブレーター(見ての通りキャップのようです)のキャップを外すと、このキャップの下にゴム製のダンプナー(振動止め)が使用されていないのに驚きました。

    手順13

    モジュール式クリップスタイルのアクセサリー用マグネットは、きちんとラベル付けされています。交換するのは難しいでしょうが、大丈夫です。マグネットが消耗して交換が必要になるのは約700年後のため、その頃にはもう別のスマートフォンを手にしているはずだからです。

    手順14

    必要最小限(Essential)だと言われていましたが、Essential Phoneは私たちの想像以上のものが詰まっていました。またスーパーコールドも予想以上に沢山使いました…

    手順15 — 分解を終えて

    Essential Phoneの修理難易度は10点満点中1点です。(10点が最も修理しやすい指標です)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります