メインコンテンツにスキップ

Fix Your Stuff

Right to Repair

Parts & Tools

英語
日本語

iPhoneディスプレイ用接着剤の交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      まず始めに、iPhoneケースの周辺に留められた古いディスプレイ用の圧着剤を完全に取り外します。

      手順2

      スパッジャーの先端を使って残りの圧着剤を綺麗に取り除きます。

      手順3

      今使用中のディスプレイを交換せずにそのまま再装着する場合、同時にディスプレイの裏側から残りの圧着剤を取り除きます。

      手順4

      リントフリーの布(もしくはコーヒーフィルター)を使ってイソプロピルアルコールを少量付けて、圧着剤を取り除いたケースやディスプレイの裏側周辺を綺麗に拭き取ります。

      手順5

      交換用圧着剤の裏側のカバーシールを剥がします。最初はデバイス下部端に大きなタブの付いている箇所から初めます。

      手順6

      接着剤を付ける前に、iPhoneのバッテリーコネクターが水平に設置されているか確認してください。そうでなければブルーのライナーに当たり、押されてしまいます。必要に応じて一時的にバッテリーを再接続しても構いません。ー必ず、ディスプレイを装着する前に必ず接続を外してください。

      手順7

      接着タブの裏からシールの残りを剥がして、iPhoneの下部から上部に向けて取り付けます。

      手順8

      接着タブ全体のシールを剥がせたら、カバーを破棄してください。

      手順9

      スパッジャーの先端を使って、iPhone周辺全体に接着タブを押し込みます。

      手順10

      スパッジャーの平面側先端を使って、iPhoneの四隅(コーナー)に接着タブを押し込みます。

      手順11

      小さなプルタブ(四隅コーナーのうち一角に付けられています)を掴んで、フロントのライナーを接着タブから剥がします。

      手順12

      フロントの接着ライナー全体を剥がしたらカバーは廃棄します。

      手順13

      次の作業をするにはiPhoneのバッテリー交換用ガイドを参照してください。

      手順14

      iPhone 7/7 Plusのみ:ディスプレイを再装着する前に、ホームボタン付近のディスプレイの底に留められた二つの小さな黒色のガスケットの状態を確認してください。

      手順15

      ディスプレイを固定しながら、ピンセットを使って最後のライナーを完全に剥がします。接着面全体が表にきます。

      手順16

      続けてiPhone周辺全体からライナーを剥がします。

      手順17

      二つ以上のパーツからライナーが構成されています。最後のパーツを剥がしたので、一旦作業を中断してディスプレイの位置を再点検してください。

      手順18

      最後のライナーを剥がすので、邪魔にならない位置でディスプレイを持ち、固定します。

      手順19

      iPhoneの本体を揃えてディスプレイの両側を持って本体の両端と揃えて重ねます。

      手順20

      ディスプレイを閉じる前に、全てのケーブルがきちんと接続されているか、正しい位置にあるか確認してください。

      手順21

      ディスプレイを下向きにスライドしながら装着するため、ディスプレイ底のエッジを軽く押し上げてiPhoneの上部端とディスプレイのの上部端が合わさるようにします。

      手順22

      接着剤を正しく取り付けるためには、iPhoneの周辺に沿って均等な力を与えて押し込みます。カメラの突起が少し作業を複雑にしますが、iPhoneのフロントを下向きに置いて、本体周辺に硬貨を置くと突起とほぼ同じ高さになり作業がしやすくなります。

      手順23

      iPhoneがまだ温かいうちに重量のあるハードカバーの本を少なくとも4〜5冊選んでiPhoneの上に重ねて置きます。

      手順24

      本を外して指を使ってディスプレイの四隅をしっかりと押さえます。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります