メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

iPad Pro 10.5インチの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    もうリラックスしてもいいですよーこのiPadはプロフェッショナルなんです。冗談はさておき、このiPadが誇る素晴らしいスペックです。

    手順2

    新しいパフォーマンスのスペックとスクリーンサイズに加えて、Appleは新しいモデル番号を付与しました。A1701です。

    手順3

    多くのiPadと同様に、強い接着剤が私たちの侵入を拒んでいます。しかしながら、薄いベゼルのおかげで、ディスプレイとラミネート加工のガラスの間にピックがアクシデントで詰まってしまうこともなく、より簡単に作業が進みます。

    手順4

    今までのところ、iPhone7/Plusで使われている厄介なトライポイント(星型)ネジとは違い、iPadではディスプレイケーブルのブラケットにプラスネジを使用しているため拍手を送りましょう。

    手順5

    見た目では、このディスプレイは前のモデルとの大きな違いが確認できません。264 ppiのピクセル解像度を見ると、最初のRetinaディスプレイのiPadとは違います。

    手順6

    この分解中のデバイスは10.5インチのiPad Pro/Wi-Fiモデルですが、AppleはLTEアンテナがありそうな場所にミステリアスなプラスチック製ブロックを配置しています。

    手順7

    このスリムなデバイスの深くまで侵入しているにも関わらず、まだ内部ケーブルを見つけていません。

    手順8

    もちろんですが、全ての接続ケーブルはスピーカーチャンバーの下に隠されています。

    手順9

    反対側に搭載されているスピーカーの接着剤をなんとか剥がすと、ご褒美として背面カメラとライトセンサーにアクセスできます。

    手順10

    タブレットはプロセッサーと同じぐらいパワフルです。このタブレットを動かしているものは何でしょうか。

    手順11

    最新分解情報ーロジックボードをより詳細に点検していくと何やら面白いものが見つかりました。

    手順12

    プルタブ付きの接着剤がバッテリーに装着されていたという理由で、初代iPad Proを最初のリサイクルできるiPadと位置づけました。二度目の雷が命中することを願いながら、バッテリーの端上に貼られたテープを剥がしていきます。

    手順13

    忘れていました、もう一つあります。

    手順14

    皆さん、これにて終了です!

    手順15 — 分解を終えて

    iPad Pro 10.5インチモデルの修理難易度スコアは10点満点中2点です。(10点が最も修理しやすい指標です。)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります