メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 11を翻訳中

手順11
Teardown Update—A closer look at the logic board reveals something interesting: Cypress CYPD2104 USB Type-C Port Controller
  • Teardown Update—A closer look at the logic board reveals something interesting:

  • Cypress CYPD2104 USB Type-C Port Controller

  • What’s a USB-C controller doing in here? The iPad doesn’t have a USB-C port.

  • Ah, but if you pair this little chip with a Lightning-to-USB-C cable and Apple’s 29W USB-C charger, you unlock a bonus feature: USB Power Delivery, a.k.a. fast charging.

  • Previously featured only on the 12.9” iPad Pro, fast charging cuts your battery charging time in half. (This was an especially big deal on the 12.9” model, which otherwise needs up to five hours to drink enough electrons for a full charge.)

最新分解情報ーロジックボードをより詳細に点検していくと何やら面白いものが見つかりました。

Cypress CYPD2104 USB Type-Cポートコントローラー

ここで、USB-Cコントローラーはどのような機能を担っているのでしょうか?iPadにはUSB-Cポートはありません。

もしLightning–USB-CケーブルとAppleの29W USB-Cにこのチップを装着すれば、特典機能を付けることができます。すなわち、USB経由の電力供給です。(別名、高速チャージ)

以前は12.9インチのiPad Proのみに付けられていました。高速チャージはバッテリーの充電時間を半分に短縮します。(この機能は12.9インチモデルでは特に大きなポイントでした。もしこの機能がなければ、充電完了までに5時間もかかるところでした。)

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります