メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 5を翻訳中

手順5
To the naked eye, this display doesn't look all that different from previous generations. And with a resolution of 264 ppi, it's not the first Retina display iPad. All the same, 120 Hz is a blisteringly fast refresh rate for this many pixels, which is probably why it needs four (!) connecting cables. (Its ginormous older brother got by with just two.)
  • To the naked eye, this display doesn't look all that different from previous generations. And with a resolution of 264 ppi, it's not the first Retina display iPad.

  • All the same, 120 Hz is a blisteringly fast refresh rate for this many pixels, which is probably why it needs four (!) connecting cables. (Its ginormous older brother got by with just two.)

  • The slimmer bezel and True Tone tech also set this display apart—but we're here for the guts. After melting off a couple shields, we find:

  • Intersil 24882B R703CM

  • Parade Technologies DP825 timing controller (likely an upgraded version of Parade ICs we've spotted in previous iPad Pros)

  • Texas Instruments TPS565158

見た目では、このディスプレイは前のモデルとの大きな違いが確認できません。264 ppiのピクセル解像度を見ると、最初のRetinaディスプレイのiPadとは違います。

また、120 Hzはこのピクセル数にとっては非常に速度が速いリフレッシュレートです。そのため4本(!)の接続ケーブルが必要です。(とてつもなく古いモデルではたった2本しかありませんでした。)

スリムなベゼルとTrue Toneテクノロジーによってこのディスプレイが外れます。ーしかし、私たちは挑戦するためにここにいます。幾つかのシールドを外すと、次のチップを発見しました。

Intersil 24882B R703CM

Parade Technologies DP825タイミング制御装置 (前iPad Proモデルで見かけたParade ICがアップグレードされたバージョンのようです。)

Texas Instruments TPS565158

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります