メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

iMac Intel 21.5"Retina 4Kディスプレイ(2017年)の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1 — iMac Intel 21.5インチRetina 4Kディスプレイの分解

    さてこの外観について特記することはありませんが、iMacのアルミとガラス製のシェルの中身を本を読んだだけで判断することはできません。さて、既に分かっていることから始めましょう。

    手順2

    ディスプレイ裏側にはポートの集合体が確認できます。まず最初に、ユージュアル・サスペクツ:通常行う考察を始めましょう。ヘッドホンジャック、SDカードリーダー、4本のUSBポートとイーサーネットジャックです。

    手順3

    まるでピザカッターのような車輪付きiMac開口ツール|new_window=trueを手に取り、この素敵な新iMacの内部を開いていきましょう。

    手順4

    全てのガラスとピクセルと取り出すと、幾つか僅かな違いがあることに気づきます。

    手順5

    いずれにせよ、ここでは期待したよりも変化が少ないようです。ー右側のスピーカーはすぐに取り外しができなくなりました。新しい基板のデザインにより、かなり堅く取り付けられています。

    手順6

    iMacの残りのパーツは期待した通り、取り外しが可能です。電源装置、ハードドライブとファンを簡単に取り出せました。

    手順7

    RAMは27インチモデルの iMacsに搭載されたRAMとは違って、簡単にはアクセスできません。しかし、近年発売された21.5インチモデルのiMacはRAMが半田付けされていたことを考えると、素晴らしいアップグレードと言えます。

    手順8

    この新しいヒートシンクのデザインに惹きつけられます。一体この下には何が隠れているのでしょうか?

    手順9

    このCPUはとても頑丈にヒートシンクの中に接着剤で留められています。これをこじ開けようとすると、とてつもない力が必要です。誰かがこのプロセッサーを冷却状態にしたかったのでしょう。

    手順10

    この基板上にあるモジュールで興味深い、最後のビットを確認しましょう:CMOSバッテリーです。

    手順11

    すべてのアクセサリーを剥ぎ取りました。この基板のシリコンを確認できます。

    手順12

    もっとチップを確認するため、基板を裏返しても良いですか?

    手順13

    ディスプレイの裏側に注目してみましょう。この新しい素敵なパネルはLG製です。(LGは旧モデルの素敵なパネルも製造しました)

    手順14

    一体何がこららのピクセルの原動力となっているか見てみましょう。

    手順15

    前モデルのiMacはデュアルマイクのセットアップでは、正面カメラの後ろに2つのマイクが隠れているという特徴がありました。この2つのマイクによって周囲の雑音をフィルターしたり、より高質な信号を出すことができます。

    手順16

    これで終了です!

    手順17 — 分解を終えて

    iMac Intel 21.5インチ Retina 4Kディスプレイ(2017年モデル)のリペアビリティのスコアは10点中3点です。(10点が最も修理しやすい指標です)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります