メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 17を翻訳中

手順17
iMac Intel 21.5" Retina 4K Display 2017 Repairability Score: 3 out of 10 (10 is easiest to repair)
Final Thoughts
  • iMac Intel 21.5" Retina 4K Display 2017 Repairability Score: 3 out of 10 (10 is easiest to repair)

  • The CPU and RAM—two of the components you are most likely to upgrade at some point—are both modular.

  • The standard 2.5" SATA hard drive is fully upgradable—though you can't add a blade SSD thanks to an empty pad on the logic board.

  • Cutting the tape to open the iMac isn't too hard (with the right tools), but it must then be replaced to complete any repair.

  • Most replaceable components (like the RAM) are buried behind the logic board, meaning you'll have to take apart most of the iMac just to gain access to them.

  • The glass and Retina Display are fused together, increasing the cost of replacement.

iMac Intel 21.5インチ Retina 4Kディスプレイ(2017年モデル)のリペアビリティのスコアは10点中3点です。(10点が最も修理しやすい指標です)

同時にアップグレードしたいコンポーネントの2つであるCPUとRAMはどちらもモジュラー式です。

標準2.5インチ SATAハードドライブはアップグレードが可能です。ーしかしながら基板上の空のパッドのおかげでブレードタイプSSDは交換できません。

iMacを開口する作業でテープを切断するのは難しくありません。(適切なツールを使用した場合)しかし、修理を完了するには交換用テープを取り付けなければなりません。

RAMのような多くの交換可能なコンポーネントは基板の裏に埋め込まれています。ということは、これらのコンポーネントにアクセスするためにはiMacの大部分を取り外さなければなりません。

Retinaディスプレイのガラスは融合されています。そのため交換費用が高額になります。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります