メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

MacBook Pro 15" Unibody Late 2008/Early 2009 基板の交換

ガイドの前提条件

この翻訳が完了したとみなされる前に、全ての必須条件ガイドを翻訳する必要があります。

MacBook Pro 15インチ Unibody Late 2008/Early 2009ミッドウォールの交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      右側・左側ファンと基板を固定している次の6本のネジを外します。

      手順2

      スパッジャーの先端を使って、右側ファンのコネクタを基板上のソケットからまっすぐ引き上げます。

      手順3

      スパッジャーの先端を使って、基板上のソケットから左側ファンのコネクタをまっすぐ引き抜きます。

      手順4

      カメラケーブルのコネクタから接着剤を剥がします。

      手順5

      スパッジャーを使って、ゆっくりと光学ドライブコネクタを基板上のソケットからまっすぐ引き抜きます。

      手順6

      必要に応じて、サブウーファーのコネクタを覆っているフォーム製のバンパーカバーを剥がします。

      手順7

      スパッジャーの平面側先端を使って、シルバーのハードドライブケーブルコネクタを基板上のソケットからまっすぐ引き抜きます。

      手順8

      スパッジャーを使って、基板上のソケットからトラックパッドコネクタをまっすぐ引き抜きます。

      手順9

      スパッジャーの先端を使って、赤外線/スリープLEDリボンケーブルの固定フラップを裏返します。

      手順10

      スパッジャーを使って、バッテリーインディケーターのライトコネクタを基板上のソケットからまっすぐ引き抜きます。

      手順11

      スパッジャーの先端を使って、キーボードのリボンケーブルの固定フラップを裏返します。

      手順12

      スパッジャーの先端を使って、エクスプレスカードケージのリボンケーブル固定フラップを持ち上げます。

      手順13

      スパッジャーの平面側先端を使って、マイクケーブルコネクタを基板上のソケットからまっすぐ引き抜きます。

      手順14

      ディスプレイのデータケーブルのロックに付けられたプラスチックのプルタブを掴み、コンピューターのDC-in側に向けて回転させます。

      手順15

      キーボードのバックライトリボンケーブル(左側ファンのスペース付近)を確認します。

      手順16

      上部ケースに基板を固定している3.2 mmプラスネジを7本外します。

      手順17

      上部ケースにDC-inボードを固定している7 mmプラスネジを2本外します。

      手順18

      上部ケースに下部ケースのクリップを固定している3.5 mプラスネジを2本外します。

      手順19

      左側から基板アセンブリを持ち上げて、上部ケースから取り出します。側にある端子が絡まないようご注意ください。

      手順20

      バッテリーコネクタを十分つかめるほどの高さまで基板を持ち上げ、基板上のソケットからまっすぐ引き抜きます。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります