メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Nintendo Switchの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    皆さん、メリースイッチマス‼︎ 任天堂の新しいハイブリッドの携帯式ゲーム機がどんなハードウェアを揃えているのか見てみましょう。

    手順2

    分解作業はとてつもなく困難です。私たちの親友であるCreative Electronはボックス全体をレントゲン撮影してみれば、何かの助けとなると考えました。

    手順3

    まず最初に任天堂のお供え物の品々を広げてみましょう。コンソール、2セットのJoy-Con、ドックとJoy-Conグリップがあります。

    手順4

    さあこの分解をギア全開にスイッチしましょう!

    手順5

    残念なことに、トライポイントネジがSwitchの入り口を守衛しています。しかし、私たちは持てる64の力の1つを使えば良いのです。

    手順6

    そしてついに私たちが待ち望んできた瞬間が来ました。内部を開いてみます。ついにありました!

    手順7

    安全第一をモットーに、バッテリーコネクターの吸盤から接着剤を剥がす前に、バッテリーコネクターを外します。

    手順8

    バッテリーの次に優先順位が高いハードウェアに移りましょう。それは冷却システムです。

    手順9

    出入力ボードを取り出してからファンの分解に移ります。

    手順10

    これは沢山のものが接続されているマザーボードです。マザーボードを取り出すためにはデジタイザー、バックライト、スピーカーコネクター、2本のアンテナと2つのJoy-Conレールを取り出してから、6本のプラスネジを外してください。

    手順11

    チップはマザーボードの表側の小さなスペースに寄せ集められています。

    手順12

    マザーボードの裏側にもあります。

    手順13

    ステレオスピーカーは背面ケースに接着剤で軽く留められていますが、力を入れて剥がさないでください。

    手順14

    最近のタッチスクリーン式デバイスと異なり、Switchのデジタイザーはディスプレイにヒューズされていません。これは2つのパーツをそれぞれ交換できると言えます。任天堂は修理がしやすいようにしているのです!

    手順15

    まるでアイスクリームサンデーにのせられたチェリーのようです。LCDディスプレイはとても簡単に外せます!

    手順16

    任天堂は見た目は類似しているJoy-Conが、実際は異なるハードウェアであることを識別させるために2色のカラーコードを持たせました。

    手順17

    私たちは遺伝学者ではありませんが、この一卵性双生児を比較するためにスパッジャーを取り出します。

    手順18

    発売前からJoy-Conのレール構造で耐久性についての問題が噂になっていました。より詳細に見てみましょう。

    手順19

    こうして見るとコントローラーの色の比較がよくできます。レッドとブルーの対決です。

    手順20

    より多くのICチップを探してコントローラー基板を並べてみました。ここには多くの注目すべきレッドの基板ボードがあります。(ブルーの基板は少し形が異なりますがほとんど同じビットです)

    手順21

    最新分解情報:隠れた秘密を確認するために、私たちはハプティック(触感)フィードバックモーターの上部カバーを開口しました。リニア共鳴アクチュエーター(LRA)はSwitchのHD振動を動かしています。

    手順22

    Switch本体にメスを入れる前に、私たちの友人であるCreative Electron に観察をしてもらいました。待ち受ける罠にはまりたくなかったからです。

    手順23

    ドック側のチップ情報です。

    手順24

    さあ分解のレイアウト写真をお披露目する時がきました!これは任天堂Switchの内部パーツを綺麗に並べたものです。

    手順25 — 分解を終えて

    Nintendo Switchの修理難易度は10点中8点です。(10が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります