メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Google Homeの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    Ok, Google‼︎あなたのお家(Home)の仕様を見てみましょう。

    手順2

    このデバイスからいい匂いはしませんが、LED付きのHomeマイク専用「スタンドバイ」ボタンが確認できます。

    手順3

    Amazonの Echoは限定色のオプション(2色のみ)に対して、Google Homeはベースとマグネットで装着されており、簡単に新しい色に交換できます。

    手順4

    ここにHomeの極小サイズの無線通信機があります。というのは冗談で、ミュートボタンとボード上のスイッチの間に伸びるアームがあります。このアームには弾力性が若干つけられています。

    手順5

    この分解でも、熱を当てて温め、高度な検査ツールを使って破壊していきますー厳密に言うとiOpenerと歯医者で使われるピックです。

    手順6

    さて、これが私たちが行ったボード取り外し作業の様子です。1枚の強力な接着剤シートがプラスチック製の上側ケースと容量ボードを留めています。

    手順7

    伸縮性のあるOリングはこのスマートスピーカーの内部まで探索するための重要な鍵を果たしているようです。

    手順8

    これらのチップはデジャブなのでしょうか。下にある多くのチップ(CPU, フラッシュとRAM) が昨年のChromecastで見られたものと類似しています。

    手順9

    ボトムケースのためのマグネットが付いている部品には内部がロックされたミステリーなケーブルがあります。

    手順10

    スピーカーケースを半分に離すため、両側を引っ張ります。

    手順11

    ガジェットが好きなあなたのために、Google Homeは根性と栄光が全て詰められています。

    手順12 — 分解を終えて

    Google Homeのリペアビリティのスコアは10点中8点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります