メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Xbox One S の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    さかのぼること2013年に行ったXbox One の分解から次のモデルでは何か違いが生みだされるのではと期待をされてきたことでしょう。正解です。さて、これまでに分かっている点を以下に記します。

    手順2

    Xbox One Sのスターボード横に刻まれた"Hello from Seattle"というメッセージは、このコンソールが未だ西海岸にあるもう一つのテクノロジーキャピタルーMicrosoftのホームベースから産まれたことを思い起こさせてくれます。

    手順3

    裏側に回ってみると、沢山の差し込み口が並んでいます。

    手順4

    iFixitで以前取り扱っていた旧モデルXbox 360用開口ツールが頭をよぎりますが、ここでは利便性を考えて取り扱い中のiFixit開口ツールを使用することにします。

    手順5

    幾つかのFとラベルされた(初めて?)スタルジックな緑色のネジを取り外すと上部ケースから主要本体が取り出せます。

    手順6

    メタル製のミッドボディパネルを一つ持ち上げると美しい内部が現れます。素晴らしく、なめらかな内部構造は、このまま蓋を閉じてしまいたくない気持ちにさせてしまいます。

    手順7

    Xbox OneのRFボードに類似して、Xbox One S のフロントパネルボードは底ケースから外側に外せます。

    手順8

    次の分解まな板に載せるのは Wi-Fi ボードです。トルクスネジを数個取り外したらすぐにWi-Fi ボードがフロントパネルボードのように出てきます。

    手順9

    この時点で、解体作業は少々手探りになってきます。幾つかのネジを取り外して、どのコンポーネントが一番先に取り出せるか確認します。

    手順10

    次に取り掛かるのは番号2の光学ドライブに移りますーとても簡単です!マスターチーフがもちろん一緒についてきてくれます。

    手順11

    さて、ここにOne Sのハットトリック(別名で#03)ーコンパクト化、新しいファンレス、綺麗に整頓されたパワーサプライを垣間見れます。

    手順12

    分解の部屋はヒートアップしていますが、まだ「熱システム」を取り出すことができません。そこで、メタルケースからマザーボードアセンブリを押し上げて取り出します。

    手順13

    コンポーネントの分解はカウントダウンに近づいてきました。さて、パーツ番号01:熱システムを取り外す時がやってきました。

    手順14

    さて私たちが愛してやまないもの、チップに移りましょう!

    手順15

    マザーボードの裏側にもチップがありますが、多くはありません。

    手順16

    さてコントローラーに移りましょう!

    手順17

    これらのプラスチックパネルが取り外れたらきちんと整頓された小サイズのアセンブリのようなものが現れます。これは4つの聴覚フィードバックモーターです。

    手順18

    ここで終了です!パーツを綺麗にディスプレイして、修理難易度のスコアを算出してみましょう。

    手順19 — 分解を終えて

    Microsoft Xbox One S の修理難易度は10点中8点です。(10が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります