メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 9を翻訳中

手順9
At this point, component removal is a bit of a hunt, so we extract some screws and see which component is freed first. Oddly enough, despite being labeled 04, the hard drive is the first component out. The labels are likely numbered according to assembly, rather than the disassembly.
  • At this point, component removal is a bit of a hunt, so we extract some screws and see which component is freed first.

  • Oddly enough, despite being labeled 04, the hard drive is the first component out.

  • The labels are likely numbered according to assembly, rather than the disassembly.

  • We find a Samsung Seagate Spinpoint M9T ST2000LM003 2 TB 5400 RPM with 32 MB Cache SATA III 6.0 Gb/s hard drive. Try saying that ten times fast.

  • Sadly, hard drive replacements still void the warranty, and need some tricky formatting.

  • The One S packs a sweet SATA III drive, but it may still be using the SATA II interface of the original Xbox One. You can always add an external hard drive though, thanks Microsoft!

この時点で、解体作業は少々手探りになってきます。幾つかのネジを取り外して、どのコンポーネントが一番先に取り出せるか確認します。

不思議なことに、ラベルは04となっているにも関わらず、ハードドライブが一番最初に取り出せます。

どうやらラベル番号は解体の順番ではなく、組み立てる順番によって付けられているようです。

32 MB Cache SATA III 6.0 Gb/s のSeagate Spinpoint M9T ST2000LM0032 TB 5400 RPM ハードドライブが確認できます。10倍早く作動するようです。.

残念なことに、ハードドライブの交換は未だ保証対象外となっています。よって、工夫を凝らしたフォーマットが必要となります。

One Sには素晴らしいSATA IIIドライブが装備されていますが、依然としてXbox OneのSATA II のインターフェースが使われているようです。ですが、いつでも外付けのハードドライブを追加することができます。Microsoftに感謝です!

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります