メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

iPad mini 4の開口方法

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      温めたiOpenerを、iPad側面のホームボタンアセンブリ左側に置きます。

      手順2

      温めた側の中央部分より少し上辺りに、吸盤カップを取り付けます。

      手順3

      吸盤でガラスを引き上げながら、ピックの先端をガラスとiPad本体の隙間に差し込みます。

      手順4

      iOpenerを再び温めて、同じ箇所に載せます。

      手順5

      2番目のピックを1番目を差し込んだ付近に挿入し、iPadの端に沿って接着剤を剥がしながら下側に動かします。

      手順6

      続けて接着剤を剥がしながら、ピックをディスプレイの横から下部に向かって動かしていきます。

      手順7

      1番最初に差し込んだピックを、iPadの上部端に向かってスライドして動かします。

      手順8

      iOpenerを再び温め、iPadの上部端、フロントカメラ上に載せます。

      手順9

      ピックをiPadの左端上部コーナーにスライドさせて接着剤を剥がします。

      手順10

      ピックをiPadの上部端に沿ってスライドさせます。カメラの手前で止めます。

      手順11

      開口ピックをフロントカメラから少し離れたところに差し込んだままにします。

      手順12

      1番目のピックをiPadの内側に向けて深く差し込み、フロントカメラから右側の角に向かってスライドします。

      手順13

      iPadの角に3本のピックを残したまま、接着剤が再装着するのを防ぎます。

      手順14

      さらに別の新しい開口ピックを挿し込み、iPadの右端までスライドさせ、粘着剤を剥がします。

      手順15

      必要に応じてiOpenerを使用して本体上部を再加熱した後、iPadの右端にあるピックを下側に向けてスライドします。

      手順16

      開口ピックを挟んだまま、iOpenerで再び温めます。

      手順17

      ディスプレイの右下隅へ、右端をスライドさせた最後のピックの下に新しいピックを挿入します。

      手順18

      ピックを下端に沿って、右下角からスライドさせます。但しホームボタン手前の1cm手前で止めてください。

      手順19

      iPadの左下角、既に差し込まれている開口ピックのすぐ下に、最後のピックを挿込します。

      手順20

      ピックをiPadの左下端にスライドさせます。

      手順21

      ディスプレイの左下端にあるピックを、中央に向かってスライドさせて、ホームボタンから約1cmの箇所で止めます。

      手順22

      2つの開口ピックをiPad上部で同時に捻り、ディスプレイアセンブリを固定する最後の接着剤を剥がします

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります