メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

ご注意:あなたは前提となるガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含むガイド全体に反映されます。

英語
日本語

手順 2を翻訳中

手順2
The base is held in place by twelve plastic retention lugs evenly spaced around the inside perimeter. Slide a thin strong spudger between the base and the body (not too far in) to gently prise the edge of the base up, while trying not to mark or dent the soft plastic. There are cables routed "too close for comfort" to the lugs at the front and back of the unit - so starting at the left or right side seems a safer bet.
Entry
  • The base is held in place by twelve plastic retention lugs evenly spaced around the inside perimeter.

  • Slide a thin strong spudger between the base and the body (not too far in) to gently prise the edge of the base up, while trying not to mark or dent the soft plastic.

  • There are cables routed "too close for comfort" to the lugs at the front and back of the unit - so starting at the left or right side seems a safer bet.

  • Once one side is unclipped, things get a touch easier - work gradually around the perimeter gently levering with the spudger until the base eventually pops off with a sound like a warranty vaporising.

  • Careful, as the white plastic casing may flex alarmingly, and the black plastic is quite thin in places - you can see a damaged loop here.

底面は外周の内側周辺に均等幅に付けられた12 個のプラスチック製固定用ラグ(つまみ)があります。

細くて強度のあるスパッジャーを底と本体の間に滑らせ(入れすぎないようにして下さい)、優しく底のふちを開けて下さい。ただし柔らかいプラスチックに傷を付けたり凹ませないようにして下さい。

ユニットの前後間のラグに『とても短い距離』でケーブルが配線されています。−ですので左か右、どちらか安全そうに見える方から始めましょう。

片側が外れると、作業は簡単になります。底から実際にカチっという音がして外れるまで徐々にスパッジャーで外周をてこの原理で開けていきます。

白いプラスチックのケースは驚くほど曲がる場合があり、また黒いプラスチックはとても薄いので、作業にはご注意ください。−ここでループを損傷してしまうことがあります

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります