メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Mac mini Mid 2011の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    この新しいMac miniが発売されるにあたって、いくつかビッグニュースがありました。最もエキサイティングな特徴には、次のものがあります:

    手順2

    モデルナンバーA1347、これには多少既視感を覚えます。

    手順3

    若干指で押し上げてから強くねじると、初めて中身がちらつきます。

    手順4

    穴から最初に取り出すのはファンです。

    手順5

    iFixitの64ビットドライバーキットなら、Wi-Fiアンテナプレートを固定している4本のT8トルクスネジも楽勝です。

    手順6

    ネジを数本、コネクタ、ハードドライブを取り外すと、何もありませんでした。

    手順7

    このユニボディのMac Miniには、「自分で2つ目のハードドライブを設置できるのか?」という1つの大きな疑問があります。余分なスペースが1.5 cmあるところを見ると、できそうですね。

    手順8

    新しいMac miniのリリースは、私たちのお気に入りのツールの復活を意味しています。そうです、Mac mini Logic Board取り外しツールです!幸いにも今回はこれを準備していました。

    手順9

    2本のT6トルクスネジで、スピーカーがロジックボードに固定されています。

    手順10

    当社の有能なスパッジャーを使えば、Wi-Fiボードのケーブルも素早く処理できます。

    手順11

    以前のMac miniと同様に、ヒートシンクは多数のスプリング付きT8ネジで固定されています。

    手順12

    カップルケーブルを経路から取り外し、数本の#00プラスネジも取り外すと、2本のアンテナとI/Oウォールをロジックボードから取り外せました。

    手順13

    下記のメインICがロジックボードの裏に取り付けられています:

    手順14

    ロジックボードの表には、次の大きな部品が取り付けられています:

    手順15

    電源はT6ネジ1本で固定されています。

    手順16

    もう1本T6ネジを外すと、IRセンサー/レシーバーを光学ドライブから抜き取れます。え?光学ドライブがないですって?追加ハードドライブ用のスペースを確保するために、Appleは今年のminiから光学ドライブを取り除き、オールドファッション風のスペース感を持たせています。

    手順17

    Mac mini Mid 2011の修理のしやすさは、10点満点中8点です(10が最も修理が容易)。

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります