メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

iPhone SE の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    短く言えば、従来のケースに新しいハードウェアが装備されています。何となく見なれたデバイスフェイスの裏側に隠れているのは何か見てみましょう。

    手順2

    ローズゴールドの背面ケースに注目してみましょう。モデル番号はA1662です。この組み合わせは今まで見たことがありません。

    手順3

    次は私たちの嫌いな作業が待っています。ペンタロープネジです。この星型ネジは Apple がデバイスを開封しないでほしいと願っているかのように封印されています。

    手順4

    iPhone 5sと同じようにSEのディスプレイ下に潜んでいるお馴染みのTouch ID ケーブルは、どうやら落とし穴のようです。

    手順5

    ディスプレイアセンブリが外れました!

    手順6

    過去の失敗はもう二度と経験しませんーこの便利なバッテリーの接着タブの使用方法をマスターしました!

    手順7

    次に移りましょう。アップグレードされたリアカメラを取り出します。

    手順8

    さて、SE分解から少し休憩しましょう:もっと分解をしたいと踊る 分解ダンスです!(Saturday Night Live Showより)

    手順9

    スピーカーアセンブリを取り出し、次にバイブレーター、最後にSIMカードとトレイを取り外します。

    手順10

    ついにSEからLightningコネクターアセンブリを外します。

    手順11

    基板から強固に留められた背面コネクタを取り出します。すると栄光のシリコンの部分を全て確認ことができました!

    手順12

    反対側にもさらに多くのチップが搭載されています。

    手順13

    チップの識別はさらに続きます。

    手順14

    さあ、次は前回の5sに比べてより複雑になったボタンケーブルに取り掛かりましょう。

    手順15

    iPhone SE の修理難易度は10点満点中6点です。(10点は最も修理が簡単な指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります