メインコンテンツにスキップ

注意:あなたは必要条件ガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含む全ての5個のガイドに反映されます。

英語
日本語

手順 3を翻訳中

手順3
Use a suction cup or an iSclack to pull up on the glass and create a slight gap between the glass and the metal frame. If your display is badly cracked, a suction cup may not adhere. It may help to first cover the display with a layer of packing tape. Alternatively, you can superglue your suction cup to the display. Insert an opening pick into the gap.
  • Use a suction cup or an iSclack to pull up on the glass and create a slight gap between the glass and the metal frame.

  • If your display is badly cracked, a suction cup may not adhere. It may help to first cover the display with a layer of packing tape. Alternatively, you can superglue your suction cup to the display.

  • Insert an opening pick into the gap.

  • There are tabs on the upper right side and upper left side where it is easier to get a tool under the display.

  • Slide an opening pick around the sides and bottom of the display to cut the adhesive. Apply more heat as needed.

  • The tape is much thinner on the bottom edge than the other three sides. Do not push the tool in too far or you will damage the screen permanently.

  • Work carefully—the glass is thin and will crack easily if you try to force it.

  • Separate the top edge last. There are antennas on both sides, so be careful not to damage them. If needed, you can use a bit of isopropyl alcohol to help weaken the adhesive.

吸盤またはiSclackをガラスに吸着させ、ガラスと金属フレームとの間にわずかな隙間を作ります。

ディスプレイの亀裂がひどいと、吸盤が吸着しないことがあります。あらかじめディスプレイに梱包用テープを貼り付けておくと上手く行きやすいようです。または、吸盤をディスプレイに固く接着することも可能です。

開口ピックを隙間に差し込みます。

右上端と左上端にタブがあります。ここはディスプレイの下に工具を差し込みやすくなっています。

開口ピックをディスプレイの端と底部に沿ってスライドさせて、接着剤を剥がします。必要に応じてさらに加熱します。

底部側の端では、他の3辺よりもテープがかなり薄くなっています。工具を奥に差し込み過ぎると、ディスプレイに回復不能な損傷を与えるおそれがあるため、慎重に行ってください。

ガラスは薄く、無理に力をかけると簡単に亀裂が入ってしまうため、慎重に作業を行ってください。

上端は最後に分離します。両側にアンテナがあるため、これらを損傷しないように注意してください。必要な場合は、無水エタノールを少量使用して、接着剤をほぐすことも可能です。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります