Skip to main content

注意:あなたはさきほど閲覧しているガイドの前提となるページを編集しています。あなたが行った変更は、この手順を含むガイド全体に影響を与えます。

英語
日本語

手順 1を翻訳中

手順1
For certain repairs (e.g. hard drive), disconnecting the battery connector is not necessary but it prevents any accidental shorting of electronics on the motherboard. If you do not disconnect the battery connector, please be careful as parts of the motherboard might be electrified. Use the edge of a spudger to pry the battery connector upwards from its socket on the logic board.
  • For certain repairs (e.g. hard drive), disconnecting the battery connector is not necessary but it prevents any accidental shorting of electronics on the motherboard. If you do not disconnect the battery connector, please be careful as parts of the motherboard might be electrified.

  • Use the edge of a spudger to pry the battery connector upwards from its socket on the logic board.

  • It is useful to pry upward on both short sides of the connector to "walk" it out of its socket.

※特定の修理(ハードディスクドライブなど)の場合はバッテリーを取り外す必要はありませんが、マザーボード上で誤ってショートさせてしまうのを防ぐ事が出来ます。バッテリーを外さない場合は、マザーボード上の部品が帯電している可能性があるので注意してください。

ナイロンスパッジャーの端を使って、バッテリーコネクターをメイン基板上のソケットから持ち上げてください。

ソケットから接続を外す際、コネクターの縦側の両サイドを上向きに持ち上げると簡単です。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります