メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

iPhoneの水濡れ・水没ダメージからの復旧方法

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — 可視できるダメージを確認

      タッチスクリーンと液晶ディスプレイの間に液体や侵入物がないか点検します。タッチスリーンと液晶ディスプレイの間に水が溜まると見えるつくりになっています。そして内側に液体が溜まるようです。

      手順2 — 解体を始めます

      電話内部の液体によるダメージは解体が複雑になります。ケーブルやコネクターに注意すると、予期せぬ方法で他のコンポーネントにくっついてしまうことがあります。

      手順3 — 可視できる内部ダメージに近づきます。

      ウォーターダメージステッカーは現在ピンク色です。これは電話内部が液体に侵入されていることを表しています。

      手順4

      ドックコネクターのウォーターセンサーステッカーもピンク色に変化しています。これは電話の先端部分まで液体の侵入があることを示しています。

      手順5

      ディスプレイアセンブリ背面には多くの緑色の侵食変化が見え、液晶ディスプレイとデジタイザーコネクターが瓦礫となっています。

      手順6

      近接センサー/イヤホンフレックスをより精密に点検してみると、より深い侵食ダメージが見つかります。

      手順7

      ロジックボードを取り出したら、液体ダメージがより鮮明に見えてきます。

      手順8

      ヘッドホンジャックコネクター5、バイブレーションモーター、ボリュームスイッチにも軽度の侵食があります。

      手順9

      マザーボードの背面にはバッテリー接続に侵食がある様子が見れます。

      手順10 — ロジックボードシールドを取り出します

      ダメージの状態によりますが、このシールドを取り外す必要はないかもしれません。外してしまうと、ロジックボードに取められた小さいコンポーネントにダメージを与えてしまう危険性があります。もしシールドを取り外す場合は、注意しながら作業を進め、スパッジャーやプラスチック製の開封ツールなどを使ってシールドを剥がしていきましょう。

      手順11 — ロジックボードのクリーニング

      イソプロピルアルコールにロジックボードを浸けます。硬化した残留物が十分に柔らかくなるまで沈めたあと、残りの水や他の液体に移します。柔らかいブラシを使って、目で確認できる腐食部分や残留物を取ります。

      手順12 — 液晶ディスプレイのクリーニング

      イソプロピルアルコールを含ませたクロスで液晶ディスプレイを拭き取ります。液晶ディスプレイの背面に痕が残ることがあるため、液体に漬けることはお勧めしません。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります