メインコンテンツにスキップ

注意:あなたは必要条件ガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含む全ての2個のガイドに反映されます。

英語
日本語

手順 23を翻訳中

手順23
On a clean, hard surface, lay the rear panel on its side. Carefully but firmly push down on it, rolling the entire lip side back into its proper spot.
  • On a clean, hard surface, lay the rear panel on its side. Carefully but firmly push down on it, rolling the entire lip side back into its proper spot.

  • It may be necessary to do this multiple times in order to achieve optimal straightness on the sides. It is better to have the edges of the case pushed in slightly too far rather than not far enough, because the reseating of the front panel will bend the rear panel into its correct alignment.

  • Now that the rear panel is back to a beautiful condition, you can move on to repairing the iPod!

クリーンで安定した場所で、リアパネルを横にします。慎重にしっかりと押し込んで、側面全体を元の位置に戻します。

デバイス側面をまっすぐに保つには、この作業を複数回行う必要があります。フロントパネルを再インストールすればリアパネルが正しい位置に装着するので、ケースの端がわずかに内側に押し込まれすぎている方が形状を保ちやすくなります。

リアパネルが元の状態に戻ったので、iPodの修理に移ります。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります