メインコンテンツにスキップ

注意:あなたは必要条件ガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含む全ての2個のガイドに反映されます。

英語
日本語

手順 5を翻訳中

手順5
Push with your fingers on the rear panel behind the putty knife to minimize bending. Slowly flex the putty knife, as shown in the picture, to ensure that most of the metal tabs on this side of the iPod are disengaged.
  • Push with your fingers on the rear panel behind the putty knife to minimize bending. Slowly flex the putty knife, as shown in the picture, to ensure that most of the metal tabs on this side of the iPod are disengaged.

  • The theory behind this method is, rather than attempting to not bend the rear panel at all, to bend it in a favorable manner that allows you to easily restore it later. Therefore, any bend in the sides of the rear panel should be drawing the lip of the rear panel away from the iPod, rather than pushing out on the curved surface. This method also disengages as many of the side clips as possible.

ケースが曲がってしまうのを最小限に抑えるために、パテナイフ後ろのリアパネルを指で押します。 画像のように、パテナイフをゆっくりと曲げて、iPodのメタル製タブの大部分が外れているか確認してください。

この方法は、リアパネルを曲げないようにするのではなく、後で簡単に元に戻せるようにベストな方法で曲げます。 よってリアパネルの側面が曲がっている場合は、カーブした表面を押し出すよりも、背面パネルの縁をiPodから離してください。 この方法を採ることで、できるだけ多くのサイドクリップを外せます。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります