メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

注意:あなたはさきほど閲覧しているガイドの前提となるページを編集しています。あなたが行った変更は、この手順を含むガイド全体に影響を与えます。

英語
日本語

手順 2を翻訳中

手順2
Opening the display on the 6s separates a thin strip of adhesive around the perimeter of the display. If you prefer to replace the adhesive, have a set of new adhesive strips ready before you continue. It's possible to complete the repair without replacing the adhesive, and you probably won't notice any difference in functionality.
  • Opening the display on the 6s separates a thin strip of adhesive around the perimeter of the display. If you prefer to replace the adhesive, have a set of new adhesive strips ready before you continue. It's possible to complete the repair without replacing the adhesive, and you probably won't notice any difference in functionality.

  • Apply a suction cup to the lower left corner of the display assembly.

  • Take care not to place the suction cup over the home button.

  • If your display is badly cracked, covering it with a layer of clear packing tape may allow the suction cup to adhere. Alternatively, very strong tape may be used instead of the suction cup. If all else fails, you can superglue the suction cup to the broken screen.

6sのディスプレイを開口するにはディスプレイ周囲の薄い接着タブを剥離しなければなりません。作業前に接着タブの交換用接着タブを用意してください。接着タブを交換しなくても修理は可能で、おそらく機能性の違いを感じることはありません。

吸盤カップをディスプレイアセンブリの左側下部の端に当てます。

ホームボタンの上に吸盤カップを取り付けないでください。

ディスプレイのひび割れ状態が広範囲の場合は、透明の梱包テープを表面に貼ってください。吸盤カップが取り付けやすくなります。あるいは、吸盤カップの代わりに強力なガムテープを使用することもできます。全ての方法が上手くいかない場合は、吸盤カップに強力ボンドを壊れたスクリーンに付けて固めてください。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります