メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

手順 5を翻訳中

手順5
Just like Apple's last "Smart" device, this is going to be an unavoidably destructive teardown. Buckle up! A hot iOpener softens the adhesive securing the soft lining, then some deft prying power peels the cloth layer away. Peeling back the lining we get our first look at the "brushed" aluminum underneath.
  • Just like Apple's last "Smart" device, this is going to be an unavoidably destructive teardown. Buckle up!

  • A hot iOpener softens the adhesive securing the soft lining, then some deft prying power peels the cloth layer away.

  • Peeling back the lining we get our first look at the "brushed" aluminum underneath.

  • We're theorizing that those unsightly scratches are there to improve the adhesive's bond.

  • We also spot a mesh interfacing that strengthens the silicone hinge, preventing fatigue damage. Cool!

Appleの’スマート’なデバイスのように、これは電話本体を破壊しないと進めない分解のようです。引き締めていきましょう!

熱いiOpenerを上に置くとたっぷりと接着剤が付けられた裏生地が柔らかくとれてきます。それから手際よくPrying Power工具を使って生地を剥がしていきましょう。

裏生地を剥がしていくと最初に見えてくるのが毛羽立ったアルミニウム底面に出てきます。

この見た目の悪い傷はおそらく接着剤ボンドを改良するためにあると考えています。

シリコンのちょうつがいを強度にし、疲労によるダメージから守るメッシュ地の界面が見えてきます。これはカッコいい!

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります