メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

iPhone 6sの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    iPhone6s は昨年発売された iPhone6 と類似して見えますが新モデルには多くの新しい機能が搭載されています。

    手順2

    この革新的な新 iPhone が私たちに用意してくれた機能を分析する時がきました。

    手順3

    iPhoneの画像上にマウスを載せてスーパーパワーを浴びせましょう。Creative Electron の特殊技術により、iPhone6s本体内部のX 線画像が見えてきます。

    手順4

    これまで何度も繰り返し述べてきましたが、Apple の製品は細部まで全てが重要です。ケース本体の下部についている Pentalobe ネジは本体ケースと同一色に合わさっています。これぞ Appleですね。

    手順5

    ディスプレイアセンブリが開くとすぐに6s と6の内部構造の違いを幾つか発見できます。

    手順6

    ネジをすばやく回し、バッテリコネクターの接続を外します。

    手順7

    注意深くスパッジャーで点検した後、ディスプレイアセンブリは簡単に外れました。

    手順8

    まずブラケットとスピーカー、FaceTimeカメラを取り外してから、シールドプレートを取り 外します。

    手順9

    LCDシールドプレートが外れたらまず、3D Touch ICと思われるものが一番最初に確認できます。

    手順10

    シールドプレートを外すとホームボタンにアクセスすることができます。

    手順11

    ローズゴールドの留め金に戻りましょう…次はiPhoneの新Taptic Engineを取り出す時間です。

    手順12

    X 線撮影中に iPhone6s の3DTouch 機能を押すと、次のような現象が確認できます。(ビデオをご覧下さい。)ポラロイド写真を撮影した後のように振られています。これが Taptic Engineです。

    手順13

    この美しいバッテリーに留められた接着タブをみるたびにため息が思わずこぼれます。願わくはずっと消滅しないで存在してほしいものです。

    手順14

    噂は本当でした。バッテリーの大きさはTaptic Engineなどの新機能を搭載させるために少し小さくなり、バッテリー本体も若干薄めに仕上がっています。

    手順15

    次に iPhone の12メガピクセルカメラについて検証します!

    手順16

    さて次は不思議なトワイライトゾーンへ突入です…。

    手順17

    さていよいよ待ちに待った瞬間がやってきました…基板の正面に搭載されたチップを暴く時間です。

    手順18

    基板正面にもう2つ、チップがあります。

    手順19

    ここで終わりではありません!もちろん(ポテト)チップの量を増量して無料であげます!

    手順20

    基板の裏側にもさらにチップが待っています。

    手順21

    最新分解情報です!この基板は秘密の武器を搭載しています:各四方をケーブルコネクターで囲んだ小さなシールがあります。(これはゴールドのコネクターの各四方を取り囲む黒色のフォーム製ヘッジに見えます)一体どういう意味でしょうか?

    手順22

    最後に残しておいたご褒美を取り出す時がきました。スピーカーをまず開けましょう。

    手順23

    そして誰もが知っている1つではなく2つあるマイクを搭載した”万能ケーブル”(通称Lightningケーブルアセンブリ)を見てみましょう。

    手順24

    分解も終わりに近づいてきました。最後はスリープ/スリープ解除ボタンです!

    手順25

    iPhone 6s はこれまでの iPhone と変わらず素晴らしい造りで、修理難易度は10段階中「7」という評価です。

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります