メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 14を翻訳中

手順14
It turns out the rumors were true—battery capacity is down a bit, likely in order to make room for new features like the Taptic Engine and slightly thicker display. The Lithium-ion pack comes in at 3.8 V, 6.55 Wh, and 1715 mAh. It's a small but notable decrease from the 1810 mAh battery in last year's iPhone 6.
  • It turns out the rumors were true—battery capacity is down a bit, likely in order to make room for new features like the Taptic Engine and slightly thicker display.

  • The Lithium-ion pack comes in at 3.8 V, 6.55 Wh, and 1715 mAh. It's a small but notable decrease from the 1810 mAh battery in last year's iPhone 6.

  • This iPhone's battery still has the same identity issues as last year's. It seems to think it's from Apple South Asia (Thailand) Limited, Apple Japan, and is made in Changsu, China.

  • Nevertheless, Apple says battery life holds steady at up to 14 hours of 3G talk time and 10 days of standby—the same as in the iPhone 6. A lot of this is likely due to more efficient silicon, which we're eager to get a look at...

噂は本当でした。バッテリーの大きさはTaptic Engineなどの新機能を搭載させるために少し小さくなり、バッテリー本体も若干薄めに仕上がっています。

リチウムイオン電池は 3.8 ボルト、6.55Wh, 1715mAh です。昨年発売された iPhone6 に搭載されている 1810mAh バッテリー容量から比べるとかなりの減少です。

依然として iPhone のバッテリーは旧モデルと同様に製造地の問題が発生して いるようです。中国常熟市で生産されたバッテリーが Apple South Asia(タイ)、Apple Japanを介して流通されているためと考えられます。

しかしながら、Apple はバッテリーの寿命について3G 通話であれば14時間、連続待受時間は10時間まで可能と公表しており、これはiPhone6 の寿命と同じです。より高精度 なシリコン素材によるものと言われています。ぜひこのシリコンを検証しなければなりません…

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります