メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 11を翻訳中

手順11
Back to rose gold tacks... It's time to take out the iPhone's new Taptic Engine. A blast of X-ray radiation reveals a peek at the linear oscillating mechanism underlying Apple's latest mechanical wonder, said to reach peak output after just one oscillation. That's not Photoshopped for contrast—dense materials like magnets absorb more X-rays, so the haptic feedback mechanism looks dark and crisp compared to other materials (like the aluminum frame).
  • Back to rose gold tacks... It's time to take out the iPhone's new Taptic Engine.

  • A blast of X-ray radiation reveals a peek at the linear oscillating mechanism underlying Apple's latest mechanical wonder, said to reach peak output after just one oscillation.

  • That's not Photoshopped for contrast—dense materials like magnets absorb more X-rays, so the haptic feedback mechanism looks dark and crisp compared to other materials (like the aluminum frame).

  • Once removed, there is not much showing what is going on inside—just a couple spring contacts, some cryptic markings, and big label complete with the Apple logo mark.

ローズゴールドの留め金に戻りましょう…次はiPhoneの新Taptic Engineを取り出す時間です。

X 線撮影をかけることで Apple の最新技術の宝庫に隠された振動フィードバック機能のしくみを確認できます。1番目の振動で振幅はピークに達するといわれていま す。

この画像は鮮明なコントラストのためにフォトショップを使用はしていません。より黒くなっている部分は、マグネ ットに似た高密度の材料がX 線を多く吸収するためです。触覚フィードバック機能を担うパーツは他の部分と比べてより鮮明に黒くみえます。

Taptic Engineを取り外した後、特に注目するものはありませんが、数本の接触ばねと謎の印 字とApple のロゴマークが大きく入ったラベルが内部に残されました。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります