メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

MacBook Pro 13" Retina Display Early 2015 のロジックボードアセンブリの交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      ロジックボードに留められた出入力ボードケーブルブラケットから2.1 mm のT5トルクスネジを2本外します。

      手順2

      スパッジャーの平面側先端を使って出入力ボードのコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

      手順3

      出入力ボードケーブルのロジックボード先端をまっすぐ持ち上げて、作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。

      手順4

      スパッジャーの先端を使って、右側のスピーカーコネクターをロジックボード上のソケットからまっすぐ持ち上げます。

      手順5

      スパッジャーの先端を使って、出入力ボードコネクターのどちらか一方の先端を押して、ロジックボードのソケットから外します。

      手順6

      スパッジャーの先端を使ってキーボードバックライトケーブルの接続を外して、ロジックボードから作業の邪魔にならない位置に折り曲げます。

      手順7

      黒色のプラスチック製のタブを掴んで、ディスプレイケーブルコネクターを裏返し、ロジックボード上のソケットからまっすぐ引っ張ります。

      手順8

      ロジックボード上のソケットから丁寧にDC-In(デジタル入力)ボードのコネクターをまっすぐ引っ張ります。

      手順9

      スパッジャーの平面側の先端をコネクター付近の左側スピーカーケーブルの下に差し込み、ソケットからまっすぐ持ち上げて邪魔にならない位置に折り曲げます。

      手順10

      必要であれば、マイクケーブルのZIFコネクターを覆っているテープを剥がします。

      手順11

      スパッジャーの先端を使って、マイクケーブル上のZIFコネクターの固定タブを裏返します。

      手順12

      必要であれば、キーボードケーブルコネクターを覆っているテープを剥がしてください。

      手順13

      ロジックボード上のZIFソケットからキーボードケーブルをまっすぐ持ち上げます。

      手順14

      スパッジャーの平面側先端を使って、トラックパッドコネクタをソケットからまっすぐ上に持ち上げます。

      手順15

      上部ケースにロジックボードを固定している3.5 mm T5トルクスネジを5本外します。

      手順16

      ロジックボードのプロセッサー側先端をわずかに持ち上げて、ファン側に向けて引っ張り、上部ケースの端からポートを解放します。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります