メインコンテンツにスキップ

Fix Your Stuff

Right to Repair

Parts & Tools

注意:あなたは必要条件ガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含む全ての3個のガイドに反映されます。

英語
日本語

手順 5を翻訳中

手順5
Insert an opening pick about 0.5 inches (~12mm) under the bottom corner of the display, near the headphone jack. Keep a close eye on the button's ribbon cable as you insert the pick. The cable is fragile and very easy to tear. If the pick is hard to insert or the cable starts to stretch, apply more heat.
  • Insert an opening pick about 0.5 inches (~12mm) under the bottom corner of the display, near the headphone jack.

  • Keep a close eye on the button's ribbon cable as you insert the pick. The cable is fragile and very easy to tear. If the pick is hard to insert or the cable starts to stretch, apply more heat.

  • Leave the pick under the display to prevent the button from re-adhering to the display.

  • If you do break either of the capacitive buttons or ribbon cables, you can replace the daughterboard assembly, which includes new capacitive buttons.

開口ピックをヘッドホンジャック付近のディスプレイの下側コーナーの下に約1.2cm差し込みます。

ピックを挿入する際、ボタンのリボンケーブルに注意してください。このケーブルは繊細で簡単に裂けてしまいます。ピックの挿入が困難でケーブルが引っ張られる状態であれば、もう一度該当箇所に熱を当ててください。

ピックをディスプレイ下に差し込み、ボタンがディスプレイに再粘着するのを防ぎます。

容量ボタンもしくはリボンケーブルどちらかを切断してしまった場合、副基板アセンブリを交換できます。これは新しい容量ボタンも含まれています。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります