メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

Apple Watch Force Touchセンサーの交換

ガイドの前提条件

この翻訳が完了したとみなされる前に、全ての必須条件ガイドを翻訳する必要があります。

Apple Watchのバッテリーの交換

Apple Watchのスクリーンの交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      Y000ドライバーを使って、Force Touchセンサーのコネクタケーブルを固定しているトライポイントネジを1本外します。

      手順2

      プラスチックの開口ツールを使って、Force Touchセンサーのケーブルコネクタを裏返して、接続を切ってください。

      手順3

      iOpenerを電子レンジで約30秒温めて、Watchケース正面に載せて、Force Touchセンサーを固定している接着剤を柔らかくします。

      手順4

      プラスチックの開口ツールとピンセットを使って、ケースからForce Touchセンサーを取り出します。

      手順5

      ピンセットを使って、下部ケースに残っている接着剤を剥がします。

      手順6

      現在使用中のスクリーンを再使用する場合は、古い接着剤を交換することをおすすめします。(新しいスクリーンに交換する場合は、この手順をスキップしてください)

      手順7

      新しいForce Touchセンサーを下向きにします。(コネクタピンを手前に向けます)

      手順8

      接着面を下側にして、Force Touchセンサに沿って配置して、Watchケースに装着します。

      手順9

      Watchケースの周辺に沿ってForce Touchセンサーをしっかりと押し込みます。

      手順10

      ピンセットを使って、Force Touchセンサーのケーブルコネクタを折り曲げて、ソケットに装着します。

      手順11

      Force Touchセンサーのコネクタケーブルを固定しているY000トライポイントネジを交換します。

      手順12

      プラスチックの開口ツールを使って、ディスプレイデータとデジタイザケーブルのコネクタの接続を繋げます。

      手順13

      ディスプレイコネクタブラケットのカバーを所定の位置に配置し、長辺側をスライドさせて、大きなスロット付きタブの一部に固定させます。

      手順14

      デバイス本体内部のケーブルとバッテリーコネクターの装着位置を合わせます。

      手順15

      接着剤がインストールされているバッテリーで交換を行う方は、保護用フィルムをここで剥がして、接着面を露出させてください。

      手順16

      ピンセットを使って、接着剤のライナーを剥がします。

      手順17

      ディスプレイデータとデジタイザケーブルをきちんと折りたたみながら、スクリーンを右側にスライドします。

      手順18

      一番良い方法は、Watch本体を数本のゴムで巻いて、接着剤をしっかりと固定させます。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります