メインコンテンツにスキップ

注意:あなたはさきほど閲覧しているガイドの前提となるページを編集しています。あなたが行った変更は、この手順を含むガイド全体に影響を与えます。

英語
日本語

手順 14を翻訳中

手順14
Use scissors to cut one of your opening picks to about the width of the battery. Try not to leave any sharp corners. Insert the modified pick between the right side of the battery and the case. Use constant, steady pressure to slowly pry the battery up, separating it from the adhesive securing it to the system board.
  • Use scissors to cut one of your opening picks to about the width of the battery. Try not to leave any sharp corners.

  • Insert the modified pick between the right side of the battery and the case.

  • Use constant, steady pressure to slowly pry the battery up, separating it from the adhesive securing it to the system board.

  • Be careful not to deform or puncture the battery.

  • On the larger (42 mm) models, it's possible to accidentally pry at the system board underneath the battery. Insert the pick only far enough to get underneath the battery, not the system board.

  • If needed, apply a little high concentration isopropyl alcohol (90% or greater) around and under the battery to help weaken the adhesive.

  • Do not attempt to remove the battery as it is still connected.

ハサミを使って、バッテリーの幅に合うように開口ピックを切ってください。鋭利な角を残さないように丸みを持たせてください。

バッテリー右側とケースの間に切り込んだピックを挿入します。

一定の力でゆっくりとバッテリーを持ち上げます。システムボードにバッテリーを固定している接着剤を剥がします。

バッテリーを変形させたり、穴を開けないようにご注意ください。

42mmモデルでは、バッテリー下に搭載されたシステムボードを、アクシデントでこじ開けてしまうことがあります。開口ピックを、バッテリーの下に差し込んだ際には、システムボードから離しながら持ち上げます。

接着剤を弱めるため、必要に応じて、高濃度のイソプロピルアルコール(90%以上)をバッテリーの周辺と底に塗布してください。

バッテリーが接続されたままの状態で、取り外すことは絶対にしないでください

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります