メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

高画質な画像を撮る方法

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — ワークスペースを設営します

      平らなワークスペースで汚れのないテーブルを準備します。

      手順2 — カメラをセットアップします。

      フラッシュを使用しないでください!フラッシュは逆の結果を招きます。

      手順3

      遅延タイマーまたはリモートを使用してください。 信じ難いかもしれませんが、すこし震えた手にカメラを持って、少しぼやけたショットにすることができます。 シャッターボタンを押した後に手を外せるように、セルフタイマー設定を使用して短い(1または2秒)遅延にカメラ設定します。

      手順4 — テスト撮影をします

      撮影の準備ができました!

      手順5

      他によく取り上げられるのがホワイトバランスです。撮影環境での光の色の影響を補正して、白を白く写すための機能です。

      手順6

      作業に進む前に、デバイスを解体するためのスペースを確保してください。撮影エリアで作業をすると邪魔になる沢山のモノで溢れてしまいます。すると撮影がうまくいかず、白のバックグラウンドの背景に余分なものが写り込んでしまいます。

      手順7 — 技術を向上させます

      各ショットに手やツールを使って実際の作業をデモンストレーションしてください。

      手順8

      対象物をフレーム内にしっかりと収めます。この画像では対象物が遠く、フレームの小さな部分しか使用していません、

      手順9 — チームワーク!

      素晴らしい修理ガイド用画像を撮るにはグループによる努力が必要です!

      手順10

      フレーム中央で作業を進めます。フレーム内の中央で進める必要な作業は何か注目してください。

      手順11

      対象物に焦点を当てます。アクシデントでデバイスではなく、作業中の手にフォーカスが言ってしまうことがあります。

      手順12

      各手順ごとに複数枚の画像を撮影してください。様々なアングルや位置で撮影し、ユーザーが最も欲しいと思う画像と内容を伝えられるものを選びます。

      手順13

      細かい作業のショットではズームインをしてください。特に小さなパーツや複雑な作業ではわかりやすくなります。

      手順14

      最終手段以外、メタル製の開口ツールは使わないでください。

      手順15

      複雑な作業では連続した作業の画像を複数枚撮影します。”ストップモーション”やページをめくりながら本文中の画像が動く”ペラペラ本”のような効果機能を持たせます。ただし1つの手順には最大3つの画像しか使用できません。

      手順16

      ”ジャジャーン”と締めくくる写真は控えましょう。作業の手順を書くときには、簡潔な内容にすることが重要です。解体したデバイスを並べた写真では、作業内容や手順が伝わりません。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります