メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

注意:あなたはさきほど閲覧しているガイドの前提となるページを編集しています。あなたが行った変更は、この手順を含むガイド全体に影響を与えます。

英語
日本語

手順 29を翻訳中

手順29
Do not attempt to fully remove the LCD. It is still adhered in place and connected to the iPad by several cables at the home button end. Lift only from the front-facing camera end. Insert the flat end of a spudger under the LCD between it and the LCD shield plate and lift gently.
  • Do not attempt to fully remove the LCD. It is still adhered in place and connected to the iPad by several cables at the home button end. Lift only from the front-facing camera end.

  • Insert the flat end of a spudger under the LCD between it and the LCD shield plate and lift gently.

  • Be very careful not to get the spudger under the shield plate. It must be between the LCD and the shield.

  • Even bending the LCD slightly can permanently damage it, so be extremely careful as you lift.

  • You can try these alternate removal methods to reduce your chance of cracking the LCD during the removal process:

  • Run a thin string (like floss or fishing line) under the display, starting from the top then working your way down

  • Use a thin, flexible card or plastic money note to cut through the adhesive starting from the top.

LCDを完全に取り外さないでください。まだ接着剤で固定されており、ホームボタンの先端で、数本のケーブルによってiPadに接続されています。フロントカメラ側のみ持ち上げてください。

スパッジャーの平坦側をLCDとLCDシールドプレートの間に差し込み徐々に持ち上げます。

シールドプレートの下にスパッジャーが入らないようにご注意ください。LCDとシールドの間に差し込みます。

LCDをわずかに曲げてしまうだけで、永続的なダメージになります。そのため、持ち上げる際は特にご注意ください。

LCDにヒビが入ってしまう確率を低くするには、他の取り外し手順も可能です。

フロスや釣り用の糸などをディスプレイの下に通します。上部から始めて、作業のしやすい方向に動かします。

薄くてフレキシブルなカードなどを使って、上部から接着剤を切開することもできます。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります