メインコンテンツにスキップ

注意:あなたはさきほど閲覧しているガイドの前提となるページを編集しています。あなたが行った変更は、この手順を含むガイド全体に影響を与えます。

英語
日本語

手順 1を翻訳中

手順1
In the following steps, you will use a heat gun to soften the adhesive securing the outer black border around the underside of the front glass panel to the display. The area the adhesive is applied to is shown in red in the second picture. Before starting, be sure to clean the display glass with lint-free cloth moistened with a mild solution; it will make the suction cup adhere better, and will make checking for dust on reassembly easier
  • In the following steps, you will use a heat gun to soften the adhesive securing the outer black border around the underside of the front glass panel to the display. The area the adhesive is applied to is shown in red in the second picture.

  • Before starting, be sure to clean the display glass with lint-free cloth moistened with a mild solution; it will make the suction cup adhere better, and will make checking for dust on reassembly easier

  • With the heat gun set to low, start by heating the outer black border near the upper right corner of the glass panel.

  • Always aim the heat gun away from the soft rubber strip around the display glass. Heating the rubber will cause it to melt slightly, turning its finish from matte to glossy. Touching overheated rubber can cause it to permanently deform.

  • Due to the heat applied, it is normal for a layer of condensation to develop on the inside of the glass panel and/or the outside of the LCD. It can be removed with glass cleaner once the glass is separated from the display.

次の手順では、フロントガラスパネルの底側とディスプレイ周辺の外側の黒い淵に沿って留められている接着剤を柔らかくするため、ヒートガンが必要です。接着剤が留められているエリアは2番目の画像で赤く印しています。

作業を始める前に、ディスプレイガラスを湿らせたリントフリーの布で綺麗に拭き取ってください。こうすることで、吸盤カップが装着しやすくなり、再組み立ての際、汚れチェックが簡単になります。

ヒートガンを弱にして、ガラスパネルの上部右側端附近の黒色ボーダーの外側から温めます。

ディスプレイガラス周辺に留められた柔らかいゴム製ストリップから離して温めるよう注意してください。ゴムを温めてしまうとわずかに溶けてしまい、オリジナルのマット加工がグロス仕様に変化してしまいます。また加熱しすぎたゴムに接触してしまうと、永続的なゴムの変形につながります。

熱が当てられるため、ガラスパネル内側および/もしくはLCD外側に結露層が生じてしまいます。ディスプレイからガラスが外れると、ガラスクリーナーで拭き取れます。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります