メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

任天堂 バーチャルボーイの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    北米でのバーチャルボーイの販売期間はたった7ヶ月(1995/8/14-1996/3/2)でした。そして売り上げは77万台に終わりました。販売期間全体で約330万台も売り上げたNintendo 64と比べてみてください。

    手順2

    バーチャルボーイはテック史上で最も格好悪いデバイスにランクインすることはありませんが、あるSFフィクションのキャラクターが脳裏をよぎります。

    手順3

    バーチャルボーイ専用のゲームは、わずか22ゲームのみでした。このうち14種類が北米で発売されました。人気ゲームはマリオズテニス、マリオランド、3Dテトリスとテレロボクサーでした。

    手順4

    残念なことに、バーチャルボーイの分解は簡単にはいかないようです。

    手順5

    バーチャルボーイの背面からネオプレンのアイシールドとフレームがすぐに外れます。

    手順6

    一苦労した最初のネジの残りを外すと、バーチャルボーイから下部ケースが持ち上がります。

    手順7

    メインボードはコントローラーからの入力を受信し、ゲームカートリッジのデータを読み込み、オーディオデータをスピーカーアンプに送信し、LEDディスプレイを表示させます。シルクスクリーンのチップには次のものが搭載されています。

    手順8

    3本のネジで、コントローラーポートと2つのサウンドボードが上部ケースに固定されています。

    手順9

    コントローラーボードとサウンドシステムが取り出せると、ディスプレイアセンブリが外れます。

    手順10

    バーチャルボーイ上部に付いているつまみを回すと、左右の瞳孔間距離を調整できます。2つのディスプレイユニットは近づいたり離れたり動きます。

    手順11

    バーチャルボーイには、このユニークな双眼鏡(と3D)グラフィックスを可能にする非常に独創的な方法が採用されています。

    手順12

    このミラーを振動させるには、交流電流がミラーに繋がった銅コイルへ高周波で流れます。そして、固定された鉄芯(コア)がディスプレイユニットに付いています。これがソレノイドによって、振動に必要なエネルギーを生み出します。

    手順13

    これは、両側のミラーの振動を発生させるために必要なボードです。

    手順14

    LEDユニットをディスプレイアセンブリの先端に固定している、T10トルクスネジを2本外します。

    手順15

    バーチャルボーイのディスプレイです!Reflection Technology製の4色ディスプレイです。1x224ピクセル解像度、32レベルの輝度です。

    手順16

    レトロゲームの分解ウィークの締めくくりとして素晴らしいデバイスでした。お楽しみいただけたなら光栄です。…いや、楽しんでいただけたはずです!

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります