メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

英語
日本語

手順 10を翻訳中

手順10
When the knob on the top of the Virtual Boy is rotated to adjust the inter-pupil distance (the center-to-center distance between pupils), the two display units move closer or further away from each other. When the focus slider is slid back and forth, the lens in each display unit moves relative to the stationary LED display.
  • When the knob on the top of the Virtual Boy is rotated to adjust the inter-pupil distance (the center-to-center distance between pupils), the two display units move closer or further away from each other.

  • When the focus slider is slid back and forth, the lens in each display unit moves relative to the stationary LED display.

  • The Virtual Boy's 3D capabilities are a result of an effect known as parallax, in which a single image is viewed along different lines of sight.

  • This process is the basis for the method by which the human eye is capable of perceiving depth. Each eye receives a slightly different image (being a few inches apart and along different sightlines). The brain then interprets these two images into a single 3D image. This effect is called stereopsis.

  • The Virtual Boy uses each display to send a slightly different image to each eye, thereby creating a stereoscopic 3D image.

バーチャルボーイ上部に付いているつまみを回すと、左右の瞳孔間距離を調整できます。2つのディスプレイユニットは近づいたり離れたり動きます。

焦点を微調整するスライダーが前後に動くと、固定されたLEDディスプレイに対して両側のレンズが移動します。

バーチャルボーイの3D機能は、同一のイメージが異なる視点上に見えるパララックス(視差)によります。

これは、人間の眼が奥行きを感知できる能力を活かしています。右と左の目はわずかに異なる画像 (数ミリの差異や、異なる視線上にある画像)を捉えます。そして私たちの脳が異なる2つの画像を、単一の3Dイメージに落とし込みます。この効果は立体視と呼ばれます。

バーチャルボーイは僅かに異なる画像を左右の眼に送信するディスプレイを搭載しています。これにより、立体3Dイメージが創り上げられます。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります