メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

ストア

注意:あなたは必要条件ガイドを編集しています。あなたが行なう変更は、この手順を含む全ての18個のガイドに反映されます。

英語
日本語

手順 1を翻訳中

手順1
The next two steps demonstrate using the iSclack, a great tool for safely opening the iPhone 6 Plus that we recommend for anyone doing more than one repair. If you aren't using the iSclack, skip down two steps. If the plastic depth gauge is attached at the center of the iSclack, remove it now—it's not needed for larger phones like the iPhone 6 Plus. Close the handle on the iSclack, opening the suction cup jaws.
  • The next two steps demonstrate using the iSclack, a great tool for safely opening the iPhone 6 Plus that we recommend for anyone doing more than one repair. If you aren't using the iSclack, skip down two steps.

  • If the plastic depth gauge is attached at the center of the iSclack, remove it now—it's not needed for larger phones like the iPhone 6 Plus.

  • Close the handle on the iSclack, opening the suction cup jaws.

  • Place the bottom of your iPhone in between the suction cups.

  • Position the iSclack's upper suction cup against the display, near the home button.

  • Open the handles to close the jaws of the iSclack. Center the suction cups and press them firmly onto the top and bottom of the iPhone.

  • If your display or back glass is badly cracked, covering it with a layer of clear packing tape may help the suction cups adhere. The iSclack also includes two pieces of tape for this purpose.

次の2つの手順ではiPhone 6 Plusを安全に開口できる素晴らしいツールiSclackの使い方を紹介します。1回だけの修理に終わらない方には最適の工具です。iSclackをご利用になられない方は次の2つの手順をスキップしてください。

プラスチックのデプスゲージが iSclack中央に挟まっている場合は外してください。 iPhone 6 Plusのような大型のデバイスには必要ありません。

iSclackのハンドルを閉じ、吸盤カップを開きます。

iPhone下部本体を吸盤カップの間に配置します。

ディスプレイ側の吸盤カップはホームボタン付近に装着します。

ハンドルを開いてiSclackの両カップを閉じます。吸盤カップをiPhoneの両側にしっかりと取り付けます。

バックガラスもしくはディスプレイの飛散状況が酷い場合は、透明な梱包用テープで表面を覆ってから吸盤カップを装着してください。iSclackには、このような目的で使用するためのテープが2枚入っています。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります