メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

iPhone 6 の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    さあ iPhone 6の時間がやってきました!技術仕様を幾つか確認してみましょう。

    手順2

    私たちはエッジにカーブが採用された新デザインのiPhone 6を手に入れるため、長蛇の列に加わりました。ついに、この時が来たのです!

    手順3

    iPhone 6はA1586のモデル番号が付与されています。

    手順4

    丸みを帯びたiPhone 6のコーナーのデザインはLightningコネクターとペンタローブネジはないものの、初代のオリジナルiPhoneを思い起こします。

    手順5

    iSclackの登場です。この方法でスマートフォンを開口できるとスカッとした気持ちになります!

    手順6

    この手順は誤ったブーメランの使い方ですが、ブーメラン専門家による監視の下で安全に作業を行っています。iFixitはブーメランを使った分解を披露していますが、絶対に真似をしないでください(笑)。

    手順7

    このiPhoneの外側に留められたネジは非標準ネジですが、デバイス内部ではプラスネジが使用されています。幸いな事に私たちのPro Tech Screwdriver Setはどんな種類のネジでも対応できます。

    手順8

    ホームボタンは正面パネルアセンブリから簡単に外せます。ですが、テック修理工のもつ精錬した腕を持っていなければ周囲に覆われたゴム製ガスケットを簡単に裂いてしまうでしょう。

    手順9

    iPhone 6 Plusと同様に正面カメラとスピーカーは正面パネルアセンブリに搭載されています。

    手順10

    これまでのところ、この”小さな”iPhone 6の全体的な構造は兄貴分の6 Plusと非常によく似ています。

    手順11

    バッテリーに付いてくるプルタブがお気に入りです。正しく引っ張れば、バッテリーがスムーズに取り出せて開口ツールで格闘する必要がありません。(そしてこの作業に潜む危険性を軽減できます)

    手順12

    iPhone 6のバッテリーは1810 mAh、3.82 Vのリチウムイオンバッテリーで 、エネルギー容量は6.91 Whです。バッテリーを裏返してみると別の表記でエネルギー容量が7.01 Whまで増加しました!おそらくAppleエンジニアは製造前に6.91 Whとバッテリーに表示したものの、中国での製造中に0.1 Wh増量されたと思われます。

    手順13

    皆さん、グッドニュースです!リアカメラはピンセットで簡単に取り外しができます!

    手順14

    アンテナファスナをピンセットで取り出します。

    手順15

    基板の正面側を見てみましょう。

    手順16

    基板の正面側にはもっとチップが搭載されています。

    手順17

    基板の裏側です。

    手順18

    基板の裏側にはもっとチップがあります。

    手順19

    バイブレーターアセンブリを取り外します。これは新しくなりました…改良されたのでしょうか?

    手順20

    今年のモデルはスピーカーアセンブリに新しいデザインを採用しています。

    手順21

    次にヘッドホンジャックとLightningコネクタに移りましょう。この2つは一つのアセンブリに束ねられており1本のケーブルに収まっています。

    手順22

    このピンセットは大変役に立ちます。ホームボタンやボリュームボタンなどが付いているデリケートなケーブルアセンブリを簡単に剥がすことができます。

    手順23

    皆さん、これで終了です!iPhone 6の修理難易度は10点満点中6点です。その理由は以下の通り:

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります