メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

iPad Air Wi-Fi ケースボタン/ケーブルの交換

ガイド情報

= 完了 = 不完全
    Use this guide to replace the case buttons and ribbon cable in your iPad Air. [ … ] It's possible to complete this guide without removing the right antenna, right speaker, and logic board (steps 42-96). However, removing these components will give more room to work and reduce the risk of damage to the case button ribbon cable. [ … ] '''Warning: the battery isolation method in this guide is outdated, and may result in irreversible damage to the battery pins of the logic board, effectively destroying it. If you choose to isolate the battery this way, heed all warnings and work extremely carefully. If you choose to complete the guide without isolating the battery, avoid using metal tools except when completely necessary (like when removing screws) to prevent shorting the battery and damaging sensitive circuit components.'''
    Use this guide to replace the case buttons and ribbon cable in your iPad Air. [ … ] It's possible to complete this guide without removing the right antenna, right speaker, and logic board (steps 42-96). However, removing these components will give more room to work and reduce the risk of damage to the case button ribbon cable. [ … ] '''Warning: the battery isolation method in this guide is outdated, and may result in irreversible damage to the battery pins of the logic board, effectively destroying it. If you choose to isolate the battery this way, heed all warnings and work extremely carefully. If you choose to complete the guide without isolating the battery, avoid using metal tools except when completely necessary (like when removing screws) to prevent shorting the battery and damaging sensitive circuit components.'''

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1

      プラスチック製開口ツールを背面カメラの下にスライドさせて、リアケースに留められた接着剤から解放します。

      手順2

      背面カメラを取り外します。

      手順3

      電源ボタンケーブルブラケットから2.3mm #000プラスネジを2本外します。

      手順4

      ボタンリボンケーブルとケース端の間に開口ピックを注意深く差し込みます。

      手順5

      スパッジャーの先端を使って、外側から電源ボタンをリアケースに押し込みます。

      手順6

      電源ボタンケーブルブラケットを緩めたら、ピンセットを使って、リアケースからブラケットを剥がして作業の邪魔にならないよう片づけます。

      手順7

      ボタンケーブルブラケットから2.3mm #000プラスネジを3本外します。

      手順8

      温めたiOpenerをリアケース左上角に置き、ボタンブラケットの接着剤をほぐします。

      手順9

      開口ピックをボタンブラケットの右端の角の下と背面ケースの間に挿入します。

      手順10

      開口ピックを使って生じた溝に、スパッジャーの平面側先端を差し込み、接着剤を剥がしてブラケットを持ち上げます。

      手順11

      ピンセットを使って、ボタンブラケットの前端を上方に押し上げて、ボタンリボンケーブルの残りの部分にアクセスできるようにします。

      手順12

      ケーブルのコネクタ側先端を慎重に持ち上げて、リアケースから外します。

      手順13

      スパッジャーの先端をボタンケーブル付近のリボンケーブルの下にスライドさせて、リボンケーブルをリアケースに留めている接着剤から解放します。

      手順14

      リアケースからボタンアセンブリを注意深く持ち上げます。

      手順15

      ピンセットを使って、リアケースから回転ロック/消音スイッチを取り外します。

      手順16

      開口ピックの先端を使って、ボタンブラケットからボタンケーブルの回転ロック/消音スイッチの先端を持ち上げます。

      手順17

      回転ロック/消音スイッチを取り外すには、開口ピックの代わりにピンセットを使う方が効果的でしょう。

      手順18

      スパッジャーの先端を使って、音量ボタンカバーからメカニカルなボタンを剥がします。

      手順19

      ピンセットの先端を使って、ブラケットからスリープ/電源ボタンを持ち上げます。

      手順20

      ブラケットからスリープ/電源ボタンを取り外します。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります