メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

マルチメーターの使用方法

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — 通電の確認

      通電テストは2つのものが電気で繋がっているかどうかを確認するためのものです。もし何か動いているならば、電流は双方間で問題なく流れています。

      手順2

      まず最初に、確認作業を行うコンポーネントや回路に電気が流れていないことを確認します。電源を切り、コンセントからプラグを抜いてください。バッテリーを全て外します。

      手順3

      マルチメーターの電源を入れて、ダイアルを導通モードに設定します。(音波のように見えるアイコンで表示されます)

      手順4

      マルチメーターは一本のプロープに最小の電流を送り、もう片方のプロープに導通しているかテストするものです。

      手順5

      導流テストを完了させるには、プローブを回路のそれぞれの端か、テストをしたい部品に置きます。

      手順6

      マルチメーターが専用の導通テストモードがなければ、引き続き導通テストが行えます。

      手順7

      このモードでは、マルチメーターは1つのプローブに少しの電流を送り、もう一方のプローブで何を(何かあれば)受信しているか計測します。

      手順8

      通電テストを完了するには、テストする回路またはコンポーネントの両端にテストリードを一つずつ接続します。

      手順9 — 電圧のテスト

      黒いテストリードを COM ポートに挿入して下さい。

      手順10

      マルチメーターの電源を入れ、ダイアルをDC(直流)モードに合わせます(Vの下の直線の表示は直流を表します)。

      手順11

      赤のプロープを+電極に当て、黒のプロープを-電極に当ててください。

      手順12

      これは正しいレンジに合わせてあり。9.42Vと読み取ることができます。

      手順13 — 抵抗の計測

      まず、計測したい回路や部品が通電していないことを確認してください。電源を切るか、コンセントからプラグを抜くか、電池を抜いてください。

      手順14

      マルチメーターの電源を入れ、ダイアルを抵抗モードに合わせてください。

      手順15

      片方のプロープを、測りたい回路か部品の片方の終端に当てます。

      手順16

      マルチメーターを計測可能なレンジに合わせました。1.04キロオームという結果が表示されています。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります