メインコンテンツにスキップ

修理を始めるには

修理する権利

パーツ&ツール

英語
日本語

Macintosh 128Kの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    オリジナルのMacの小売価格は当時$2,495もしましたー現在の価格に換算すると、なんと$5,594.11(約611,000円/18年5月)になります。これほどの大金を注ぎ込んで、一体何が手に入ったのでしょうか?

    手順2

    このタイムカプセルを開ける前に(このTime Capsuleではありませんよ)、この30年間でどれほどテクノロジーは進歩したのかじっくりと見比べてみましょう。

    手順3

    30年間にも及ぶコンピューターの進歩は周辺アクセサリにも劇的な変化を及ぼしました。キーボードやマウスは今や薄型ボディのワイヤレス仕様で、分厚い黄色のメタル素材は使用されていません。

    手順4

    さてモデル番号に移りましょう。Macintosh Model M0001です。(Appleは将来にわたって最大10000台モデルを発売できるように番号付与の枠組みが作られています。)

    手順5

    このMacが製造された当時でも Pro Tech Toolkitは変わりがありません。必要なツールは全てここに揃っているのですー昔も今も、そして未来も。

    手順6

    宝庫が開きました:ぴったりの音響効果がここにないのが少し残念です。

    手順7

    さて、私たちは許可されたエンジニアだけが立ち入れるエリアにいます。そしてディスプレイの微調整をする精密電位差計(ポテンシオメーター)を発見しました。

    手順8

    CRTとキャパシタの間にある、まるで不発爆弾のような電源の接続を外します。

    手順9

    Mission Impossible のテーマソングに合わせて、パワーサプライを素早く安全に取り出します。感電死したテクニカルライターはいません…今のところ。

    手順10

    最優秀テクノロジー賞はMacディスプレイに贈られます。この巨大なCRTは今日の超薄型Retinaディスプレイが作り出すグラフィックスにくらべると程遠いクオリティです。

    手順11

    30年前でも、Appleは綺麗に整列された内部デザインを採用していました。若干力がいるものの、基板がトレイからスライドして取り出せます。

    手順12

    Mac 128Kの基板には注目すべきチップが搭載されています。

    手順13

    ここには何があるでしょうか?

    手順14

    カチカチカチカチ……

    手順15

    数本ネジを取り外すと、キーボードの内側を眺めることができます。

    手順16

    さてマウスの解剖です!ご心配なくーこれは高校の生物学授業で経験したものよりももっと人道的なものです。

    手順17

    Macintosh 128Kのリペアビリティは10点中7点です。(10点が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります