Skip to main content
英語
日本語

iPhone 5sの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この短い1−2文の概要は検索結果に表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    iPhoneの発売は未来への旅行を意味しますー iFixitの分解クルーはiPhone 5sをいち早く入手するため、17時間先へ旅立ちました。

    手順2

    この素晴らしい5sの内部に飛び込む前に、まずテックスペックを幾つか確認しましょう。

    手順3

    Appleはユーザーをペンタローブネジでドアからロックアウトするという永久的なデザインを踏襲しています。幸いな事に、私たちは常日頃これに備えています。iPhone 5のリベレーションキットを取り出して、ペンタローブネジをプラスネジに交換してみます。びっくりする事に、成功しました!

    手順4

    周囲のペンタロープネジを外しました。さてこのベイビーを開ける時間がやってきました!去年同様にリアケースからディスプレイアセンブリを開くために吸盤カップの出番です。

    手順5

    丁寧にスパッジャーを取り扱った甲斐がありました。電話本体の底でホームボタンに付いているケーブルがTouch IDセンサーとLightning ポートアセンブリを繋いでいます。

    手順6

    お気に入りのスクリュードライバーセットを手に取り、メタルコネクタのカバーを外します。

    手順7

    5sは3Gで10時間の通話時間が可能ですが、iOS 7はあまり良くないシステムだという噂もあります。

    手順8

    バッテリーを安全に外したら、次の分解の探検に戻ります。(前モデルからアップデートない)326 ppi Retinaディスプレイアセンブリの取り外しです。

    手順9

    すぐにホームボタンとAppleの新しい指紋認証スキャナーであるTouch IDを取り出します。

    手順10

    iSightカメラを取り出します。

    手順11

    これまでの手順を数えて昨年モデルと比較してみると、当然ですがだいたい同じです。

    手順12

    Murata 339S0205 Wi-Fiモジュールがあるように見えます(Chipworksによると、Broadcom BCM4334上にあります)。

    手順13

    さてチップ認識の結果です。

    手順14

    まだチップは続きます!

    手順15

    次の基板の裏側に注目してみましょう。

    手順16

    この新しいチップを確認する時間です。A7攻撃機のように飛行するような気持ちです。指紋認証センサーも含めて、A7チップは、5cモデルよりも5sを手に取りたくなる魅力があります。

    手順17

    手順18

    手順19

    手順20

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります