メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Apple TV 4K 2021の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    アンボックス(開封)は抜きにして、最初のジレンマに遭遇します。どちらを先に開けましょうか?黒いボックスか…

    手順2

    まず最初に両方のエクステリアを見て、どちらを先に分解するか決めましょう。

    手順3

    どちらを先に分解するか決める前に、X線画像のエキスパートであるCreative Electronからの分解レポートが届きました。

    手順4

    このブラックボックスの何処からこじ開ければ良いか把握できました。施行-錯誤の-結果見つけた方法は、アップデートされたハードウェアでも対応できます。 この新デバイスでも、ボトムカバーからこじ開けて行きます。

    手順5

    冷却ユニットの解体はそよ風が吹くかのように簡単です。そしてその内部は 前4Kモデルとそっくりです。

    手順6

    トルクスドライバーを数本使えば、ロジックボードが取り出せて、ボード上部のチップが詳細に確認できます。

    手順7

    裏側のチップ情報です。

    手順8

    チップIC認識は続きます。

    手順9

    手順10

    電源基板は、放熱のために重厚なメタルボディの下に埋まっています。導電性のポストとモジュール式のC7ソケットは従来と同じです。

    手順11

    ブラックボックスの分解は終了ですが、もう一つ残っています。

    手順12

    しかしiPod miniユーザーであった方は、記憶にあるかもしれませんが、内部を前面に押し出すと、すべてのボタンの位置がずれてしまいます。これは一体どうなっているのでしょうか?

    手順13

    この先に進むには、Siriの小さなサイドボタンが作業の邪魔にならないように動かさなければなりません。そのままの位置にあると、電源ボタンが邪魔をして分解作業を妨げます。

    手順14

    Minnow Driver Kitがあれば残っているパーツも簡単に取り出せます。

    手順15

    このリモコンに搭載されているチップを詳細に見て行きましょう。まずは上側です。

    手順16

    この分解はここまでです。早速これを元に組み立てて、神話クエストの新エピソードを観るのが待ちきれません。

    手順17 — リペアビリティ

    Apple TV 4K (2021)のリペアビリティは、iFixitのスケールに基づいて8/10です。(10がもっとも修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります