メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 2を翻訳中

手順2
Let's see if a quick exterior inspection helps decide. The box may look familiar, but the new remote looks ... also pretty familiar, actually. It recalls the remote design from the 3rd-gen Apple TV, way back in 2012. That's not a bad thing. New Apple products often set trends, but one thing that nobody hurried to copy was the frustrating Siri Remote design that shipped with Apple TVs starting in 2015.
  • Let's see if a quick exterior inspection helps decide.

  • The box may look familiar, but the new remote looks ... also pretty familiar, actually. It recalls the remote design from the 3rd-gen Apple TV, way back in 2012.

  • That's not a bad thing. New Apple products often set trends, but one thing that nobody hurried to copy was the frustrating Siri Remote design that shipped with Apple TVs starting in 2015.

  • That's okay, Apple—be a goldfish.

  • Both gizmos have their own Apple model number, namely: A2169 for the black box, and A2540 for the silver stick.

  • If you were wondering about a hidden service port inside the Ethernet jack, we have to disappoint you. The Apple TV 4K only carries power, HDMI, and Ethernet ports. (The front also sports an infrared sensor peeking through the plastic, which we’ll find later).

まず最初に両方のエクステリアを見て、どちらを先に分解するか決めましょう。

ボックスは見慣れた形状ですが、新しいリモコンは…これもよく知っているものです。2012年のApple TV 第3世代のSiri Remoteを思い出します。

それは悪いことではありません。Appleの新製品がトレンドになる事はよくあります。しかし、2015年発売のApple TV用のSiri Remoteが他メーカーから真似されなかったのは、デザインに問題があったからです。

Apple、こんな事、気にする必要はありませんー金魚になるのが無難です。

このデバイスには、Appleのモデル番号が付番されています。ブラックボックスにはA2169、シルバースティックはA2540です。

Ethernetジャック内側に隠されたサービスポートがあるのではないかと思っていた方には、残念なお知らせです。Apple TV 4Kには、電源、HDMI、Ethernet用の3つのポートしかありません。(フロント側にプラスチックの隙間から赤外線センサーが覗いていますが、これについては後ほど詳細に説明します)

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります