メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

曲がったCPUピンの修復方法

ガイド情報

= 完了 = 不完全

      現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

      タイトルを作成

      この概要は、検索結果にのみ表示されます。

      ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

      ガイドの手順

      手順1 — ダメージを確認します

      CPUの端を持って、まっすぐなピンの列を覗き込んで異常がないか、ダメージやピンの曲がり具合を確認します。

      手順2 — 2列の間にナイフを挿入します

      ピンの列の間には、一般的な台形カッターナイフがぴったりと収まります。ナイフの厚さは、ピンの間の隙間と一致しています。

      手順3 — ピンを真っ直ぐ戻します

      ナイフ全体が1列分配置できたら、ナイフを左右に傾けながら、横の列のピンをまっすぐ揃えます。

      手順4 — ピンを反対側に真っ直ぐ揃えます

      一列に並んだピンが一方向に真っ直ぐ揃ったら、反対側もまっすぐに揃っているとは限りません。

      手順5 — 大きく曲がったピンを直します

      ピンがひどく曲がっている場合は、鋭利なピンセットを使って、カッターナイフで作業できる角度までピンを誘導しながら、戻の位置に直していく必要があります。

      手順6 — ピンがほぼ真っ直ぐになるまで作業を繰り返します

      最後の4つの手順を、全体の列ができるだけ真っ直ぐになるまで繰り返します。

      手順7 — ソケットのロッキングアームを持ち上げます

      マザーボード上のソケットロックアームを、ロッククリップ周辺から持ち上げ、垂直にします。

      手順8 — 小さなトライアングルを合わせます

      ゴールドの三角形が付いたCPUの角と、同じく三角形が付いているマザーボードのソケットの角を合わせます。

      手順9 — ソケット内にCPUを近づけます

      CPUをソケットに装着し、すべてのピンがそれぞれの穴に収まっていることを確認します。

      手順10 — ロッキングタブを閉じます

      CPUのピンが真っ直ぐに戻り、ソケットに取り付けられたら、ロッキングタブ周辺を下ろして、ロックアームを閉じます。

      手順11 — ロッキングタブを開閉します

      CPUに触れずに、ソケット上のロック/解錠を4~5回繰り返します。

      クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります