メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

Xbox Series Xの分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    前世代のモデル名から大きく変更はされていませんが、中身は一新されました。スペックシートを見ていきましょう。

    手順2

    スリムな形状は過去のものとなりました。新Xboxは大型で、巨大なグリルから推測できるように驚くべき冷却システムが搭載されているようです。

    手順3

    新Xboxコントローラーは前モデルのものと非常によく似ています。シェアボタン、アップグレードされたDパッドとUSB-C充電ポートが新しく搭載されています。

    手順4

    2つの鮮やかなグリーンのT8ネジは、デバイス内部へ侵入したい私達を歓迎してくれているようです。しかし、このネジはステッカーやトラップドアの内側に隠されています。Microsoft、入っていいですか?それとも入らないでほしいですか?

    手順5

    このフリスビーを底から取り出して、遊ぶこともできますが、今の私たちにはそんな時間はありません。実際にこの下には沢山のネジが隠れています。

    手順6

    ディスクドライブを取り出すと、残りの内部パーツはこの巨大なアセンブリの中に収納されています。そして大部分がヒート管理システムで、数枚の基板がストラップで固定されています。これにて分解は終了でしょうか?いいえ、分解は先ほど始まったばかりです。

    手順7

    Boxの内側にある箱に手を移動します。メインパーツから電源供給を持ち上げます。

    手順8

    Series Xは基板をサンドイッチのように分割しています。iPhone Xに搭載されていた積層基板の目的はスペースを有効活用するためでした。しかしSeries Xは基板を分割してスペースを作っています。中央のアルミ製ブロックが基板間に溜まった熱を分散させて冷却します。まず最初の基板に搭載されているチップです。

    手順9

    この分割基板の内側ー中央のアルミ製シャーシです。

    手順10

    このSSDは標準M.2フォームファクタで、コンテンツを確認するために、私達のデスクトップに入れて調査しました。

    手順11

    この美味しそうなサーマルパフェから残りのレイヤーを取り出すと、ヒートシンクアセンブリから片側の基板が外れます。サーマルコンパウンドと共にチップが搭載されています。

    手順12

    マザーボードを取り出すと、このクーリングシステム全体を眺めることができます。なんとカッコいい冷却クッキーサンドイッチでしょう。

    手順13

    これはMicrosoftのアルティメット(究極)なゲームコンソールと言えるでしょう。しかしこの大きさを考えると、グラフィックカードを搭載したエアコンのようです。クールですね。

    手順14 — リペアビリティ

    Xbox Series Xのリペアビリティスコアは7/10です。(10が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります