メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

PlayStation 5の分解

ガイド情報

= 完了 = 不完全

    現在取り組み中のこの deviceの特定のパーツやコンポーネントの詳細を記載してください。 例: バッテリー

    タイトルを作成

    この概要は、検索結果にのみ表示されます。

    ガイドの編集に取りかかる前に参考資料に目を通してください。

    ガイドの手順

    手順1

    スパイダーマンゲームに没頭し、お昼寝で復活して、PS5の分解に戻ってきました。PlayStation前モデルの発売は遡ること、2013年11月でした。久しぶりの登場に、私たちの興奮は冷めません。先にゲームを興じてしまいましたが、まだまだ新品同様のPS5のスペックは次の通りです。

    手順2

    PS5は大型モデルと耳にしたことがあるでしょうが、有難いことに、Creative ElectronのX線装置になんとか収まりました。巨大なファンやまるで高速道路のインターチェンジのように重なり合ったヒートパイプをご覧ください。

    手順3

    このコンソールは初めて目にする不思議な形状ですが、オープニングはとても簡単です。少し白いパネルを持ち上げてスライドすれば、すぐに取り出せます。パネルが外れるとM.2 SSD拡張スロットやファン…そしてユーザー自身で埃を吸い取れるダストポートにも、すぐにアクセスできます。

    手順4

    さらにセキュリティネジが待っています。この幾つかのネジは、タンパーエビデント(開封防止)ステッカーの下に隠れています。嬉しいことに、現在では違法の”開ければ保証対象外となる”ボイドステッカーは使用されていません。(今までと同じようにデバイスを破損しない限り、デバイス内部を自由にいじり、保証を維持できます。)

    手順5

    どなたかSonyに、iFixitはネジをこよなく愛していると告げましたか?このスチールプレートは、数え切れないほどのネジが留められているからです。困ったものです!

    手順6

    おそらく聞いたことがあるメジャーなチップを点検する前に、この巨大なプリント基板に載せられた興味深いチップの数々を見ていきましょう。

    手順7

    ここからメインチップです。PS5を動かしているシリコンを並べてみました。

    手順8

    次のチップは、PlayStationに繋げるデバイス間とのデータ転送をサポートするものです。

    手順9

    ここまで確認してきた全てのチップに必要な電力を供給できなければ、何も役に立ちません。ここには、重要なパワーチップが搭載されています。

    手順10

    2番目のメタルシールドの下には、巨大なヒートシンクと面白い形状をした電源装置があります。

    手順11

    PlayStation 5は、ライバルのMicrosoftと同じくコンソールゲームテクノロジーを大きく前進させました。この分解を公表するまでに数週間もかかりましたが、この分解を通してPS5について沢山学べました。

    手順12 — DualSenseコントローラーの分解

    PS5コンソールが到着するまでの間、私たちは新DualSenseコントローラーの分解に大忙しでした。このアぺタイザーだけでも新しいテクノロジーが十分に詰まっています。

    手順13

    この新デザインはとても洗練されていて、外側からネジが一切見えません。どうやらSonyは、私たちにネジの在り処を探らせているようです。

    手順14

    4本のプラスネジとクリップで、コントローラーのカバーが留められています。開口作業がシンプルで良いですね。

    手順15

    次に取り出すのは、ボタンセンサー、マザーボード、ハプティックドライバー、アダプティブトリガーです、全て黒のフレームに取り付けられています。

    手順16

    この新テクノロジーを掘り下げて見ていきましょう。可変抵抗トリガーです。

    手順17

    このトリガー内部を、より詳細に探ってみましょう。

    手順18

    簡単に交換ができる全てのパーツを取り出すと、半田付けされたパーツが待っています。

    手順19

    新DualSenseコントローラには、PS5の最大アップグレードの一つであることが分かりました。

    手順20 — リペアビリティ

    PlayStation 5のリペアビリティスコアは7/10です。(10が最も修理しやすい指標)

    クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります