メインコンテンツにスキップ
英語
日本語

手順 18を翻訳中

手順18
With all the easily replaceable parts out, we're down to the soldered-on bits. First off are the two Foster-branded voice coil actuators driving the haptics system. Did someone say pallesthesia?
  • With all the easily replaceable parts out, we're down to the soldered-on bits.

  • First off are the two Foster-branded voice coil actuators driving the haptics system.

  • Did someone say pallesthesia?

  • And next: the two joysticks. These look basically identical to the Alps-brand sticks from the DualShock 4.

  • Compared to these, a Joy-Con joystick replacement is a breeze. PlayStation joysticks are certainly less prone to drift than the notoriously drifty Joy-Cons, but soldering them on is a big miss.

  • Update: After widespread reports of joystick drift in nearly-new DualSense controllers, we followed up with a detailed report explaining the cause: Here's Why PS5 Joysticks Drift.

  • And finally, the USB-C port. Another high-wear component that we'd much prefer to see easily replaced.

簡単に交換ができる全てのパーツを取り出すと、半田付けされたパーツが待っています。

最初に取り出すのは、2つのFoster製ボイスコイルアクチュエーターで、ハプティックシステムを動かします。

次に2つのJoystickです。このJoystickは、DualShock4に搭載されていたApls製スティックとよく似ています。

このApls製Joystickと比べると、任天堂Joy-ConのJoystickの交換はとても簡単です。PlayStationのJoystickは、問題となっているSwitchのものほどドリフトしないはずですが、半田付けされているのは大きな失敗です。

分解アップデート: 新品同様のDualSenseコントローラーのJoystickドリフト問題が広く報道された後、なぜPS5のJoystickスティックはドリフトするのかについて、詳細なレポートを公開しました。(英語ブログ)

最後にUSB-Cポートを確認します。こちらも消耗する頻度が高いため、簡単に交換できればよかったのにと残念です。

クリエイティブコモンズのオープンソース著作権のもと、あなたの投稿は著作権の対象となります